対人スキルとは何か?重要な4スキル

対人スキルを習得していこうと思っても、何が対人スキルなのか?分からなければどうしようもありません。

 

今回は対人スキルに重要な4つのスキルをご紹介します。

 

対人スキル・ヒューマンスキル・コミュニケーション能力は、とても奥が深い、「対」人だけのスキル」と言えます。
この4つのスキルを少しずつ理解することで、対人スキル・ヒューマンスキル・コミュニケーション能力などの全体像が視えてくると思います。

 

私たちは人の「動物としての特性」を理解できていません。潜在的な能力は未開拓であり、まだ未知の領域があるとも言われます。
しかし、すでに開拓されている能力や思考は、今までに多くの学者が提唱しています。

 

その中で私が重要としている4つのスキルは、「1.アサーションスキル 2.質問力 3.信頼関係構築 4.真摯さ」になります。

 

スポンサーサイト

対人スキル 1.アサーションスキル

アサーションスキルは、伝えるスキルとして有名ですが、その本質は学ぶことで、対人スキルとして身につけることができます。

 

アサーションスキルの「伝える」部分だけを理解してしまうと、一方的に言う人になってしまいます。

 

アサーションスキルを身につける為には、「相手の理解・理解させる伝え方」の2つを意識して、アサーションを行います。

 

1-1.相手への理解

相手に伝えるためには、相手の役割や状況・考え方など、簡単に理解する必要があります。

 

相手の役割

極端な例として、会社の社長に意見することがあれば、「社長」という「役割」を理解したうえで意見すると思います。

 

このように、その対象の相手が持っている「役割」を理解することが必要になります。

 

相手の状況

相手の状況を理解することは必要です。
普段と変わりない状況であればよいのですが、場合によっては緊迫性・切迫性・危機感なども持っている状況もあります。

 

その状態の理解ができずに伝えても、まったく理解されません。その逆もあります。

 

相手の考え方

人は一人一人、考え方が違います。
それは頭でわかっているけど、本当に意味で理解していないと、受け入れられない意見をしてしまいます。

 

日本は近年、個性について考える場面が増えてきたと思います。まさに個性である考え方を知ることも大切になります。

 

 

1-2.理解させる伝え方

相手の理解ができるようになれば、相手へ理解させる方法も少しみえてきます。

 

そしてアサーションスキルで重要なポイントは、「相手を尊重」して伝えることです。
アサーションスキルで最も大切な部分になります。

 

自分の意見を伝える・言うだけではいけないのです。相手を尊重した意見を伝えることが大切です。
その為にも、「相手への理解」ができてないと、空気読めない人のようになり、アサーションが成立しません。

対人スキル 2.質問力

相手への質問を行うことができれば、対人スキルが向上します。
質問方法には、内容とは別に技法があります。

 

一般的に、オープンクエシュチョン・クローズクエスチョンという二種類があります。
この二種類の技法を使いながら、相手に質問を行うことで、相手の返事を答えてくれます。

 

対人スキルを向上させるには、オープンクエシュチョンがよく使われます。
人間関係の悪化は、自身の思い込みや意見交換不足(コミュニケーション不足)が原因で発生します。
普段から相手が答えやすい、オープンクエシュチョンを心掛けることで、コミュニケーションが活発になり、対人スキルが向上していきます。

 

オープンクエシュチョン・クローズクエスチョンとは何?となっている方は、ご参考ください。
部下の育成や指導に効果的なフィルタークローズエンド(質問技法)

↑ ↑

こちらの記事には、応用編も記載していますので、何度も読み返し理解を深めて下さい。
きっとお役にたつスキルだと思います。

 

スポンサーサイト

対人スキル 3.信頼関係構築

対人スキルを向上させるためには、相手との信頼関係を構築するすべを知ることで、とても楽になります。

 

信頼関係を構築するには、様々なポイントを理解しなければいけません。
今日からすぐにできる内容ではないですが、対人スキルを飛躍的に向上させることができます。
そしてなにより、一度身につけてしまえば、ずっと使えるスキルです。

 

 

ここでは簡単な説明で留めておきます。
もっと詳しく学びたい方は、有料になりますがテキスト販売させて頂いています。

↓ ↓

 

3-1.信頼関係構築に必要な方法

 

まず相手の意見や考え〜
・受容(まずは相手の存在や意見を受け入れる)
・共感(あたかも相手の意見などを共感する)
・一致(あたかも、同じであるような気持ちになる)

 

※共感・一致では、「あたかも」という言葉を入れています。
本当に心から、共感・一致をしてしまうのではありません。

 

あたかもとは?

あなたはあなた。私は私。
例:あなたって大変だったのでね〜。

 

3-2.傾聴スキルと観察スキル

どちらも、相手とその環境などを視野に入れて、傾聴・観察することで、様々な情報が入ってきます。
また相手の観察ができれば、相手にとって話しやす状態や環境・姿勢(非言語)で傾聴ができます。

 

人は傾聴してもらうことで、相手へを信頼しやすい習性があります。
しかし、相手が話している最中に、受容・共感・一致が出来ていないければ、信頼できなくなります。

 

Q.人の話を全く聞かない上司を信頼する部下がいますか?
>信頼しませんね

 

Q.部下の相談を親身に聞いてくれる上司がいたら信頼しますか?
>信頼しますよね?

 

 

相手への傾聴・観察を自然と行うことができれば、対人スキルに必要なアサーション・質問などのスキルにも活かすことができます。

 

信頼関係構築の参考記事
ラポール形成(信頼築く)スキルを教えます | 自己啓発セミナー福岡
対人スキルを向上させる7スキル

対人スキル 4.真摯さ

対人スキルを養うためには、真摯さも必要になります。
今までお伝えした、アサーションスキル・質問力・信頼関係構築はどれも手法や技法になります。

 

しかしこの真摯さは手法でもなければ、技法でもない。本当に今からでもすぐにできる方法になります。

 

そしてこの真摯さは、上記スキルよりも意外にパワーがあります。

 

4-1.熱意・優しさ・紳士さ

真摯さという言葉で有名なのが、ドラッカーが提唱した理論(考え方)になります。

マネジメントを行うものは真摯さがなければならい。

真摯さとは、ひた向きで真面目であることを意味します。

 

ひた向きで真面目とありますが、その内容を対人スキル風にアレンジしたのが下記の3つになります。

 

対人スキルを向上させる際、真摯さである「熱意・優しさ・紳士さ」があれば、一般的な対人関係には困らないと思います。

 

熱意

人は熱意(強いエネルギー)に魅力を感じます。

 

優しさ

優しさがある人の周りには、優しい人が集まることもありますし、その人の前では皆が優しくなります。

 

紳士さ

紳士さがある人は、対人関係において、愚痴仲間や派閥グループなど関係なしに、皆と交流を円滑に行うことができます。

 

 

上記3つであれば、あなたの周りにも1人はいるかもしれません。

 

・あなたの周りに、熱意のある人はいますか?
その人と会うだけで、元気をもらったりしていませんか?

 

・あなたの周りに、優しい人はいませんか?
あなたもその人のことが好きで、会うと少し癒しをもらいませんか?

 

・あなたの周りに、紳士な人はいませんか?
協調性もあり、品のある態度に憧れやカッコよさ・美しさを感じていませんか?

 

この「熱意・優しさ・紳士さ」を1つでも、備えている人物が近くにいるのであれば、その人物をメンター(モデル)として、今からスタートするだけでも、対人スキルは今から向上していくでしょう。

 

この「熱意・優しさ・紳士さ」は即効性があり、手法や技法でないため「あなたが憧れる人物」で良いのです。

 

Q.私はその人みたいになれないし・・・
>そんなことはありません。その人がいいなぁと思っただけでも、十分素質があります。

 

すでに何か1つ備えている方であれば、もう1つチャレンジされてみてはどうでしょうか?
対人スキルを向上させるスキルのなかで、即効性がある方法になります。

対人スキルとは何か?重要な4スキルまとめ

対人スキルとは、1.アサーションスキル 2.質問力 3.信頼関係構築 4.真摯さを身につけることで、対人スキルは向上します。

 

特に真摯さは、今からでもすぐにできる方法です。
明日一日、「人に優しくしてみよう」と思い行動してみて下さい。
一日一日積み重ねることで、周囲の人の態度さえも変わっていきます。

 

対人スキル 4スキル

1.アサーションスキル
>相手への理解
>相手の役割

 

2.質問力
>オープンクエシュチョン
>クローズクエスチョン
>応用(部下の育成や指導に効果的なフィルタークローズエンド(質問技法)

 

3.信頼関係構築
>受容・共感・一致
>傾聴・観察
>言語・非言語

 

4.真摯さ
>熱意
>優しさ
>紳士さ

 

 

スポンサーサイト

お問い合わせ専用

ご相談お問い合わせ可能です。メール送信後にお返事致します。

◆運営者情報◆

はじめまして。HCDコーチング 代表Kiiroです。 【個人育成・集団育成・グループ研修・階級別や部署別などピンポイント研修・問題解決診断・個別カウンセリング・コーチング・20代限定メンタービジョン塾】ご対応させて頂きます。

HCDコーチング


無料PDF教材 コーチ申込 記事一覧