仕事がうまくいかない時は問題を解決する方法を考えるべき

仕事がうまくいかない時には問題解決力

 

今回は『問題解決力』を身につけることで、あなたは怖いものがなくなる方法をお教え致します。
本日、私のもとへ相談に来られた方に提案した方法を無料公開します。

 

○問題が解決出来ず退職意向のAさん

Aさんは、職場の接遇のレベルの低さに、本当に嫌気がさしていました。
また、その接遇が悪い職員は、職場で権力があり、Aさんは自分が辞めることで、この嫌な空間から立ち去るつもりでした。

 

どうせ辞めるなんら、『問題解決力を身につけてから辞められてらどうですか?』と私は提案しました。

 

仕事がうまくいかない時こそ問題解決力を上げる

 

社内の接遇の悪さで、Aさんが注意して変わらない職場。
Aさんと私は、一機に接遇を改善させる方法を考えました。

○実施した手順

管理者に1対1で相談してみる。

 ↓

その相談で、そのように思っているのは、「自分だけではない」と理解してもらい。
みんなで職場を良くし、気持ちの良いサービスがしたいと目標をつくる。

 ↓

職員で話し合いの場をもうける。(会議)

 

その際に管理者から、『みんなで接遇力アップを会社で行うことになった』と一言だけ言ってもらう。
あとは「あなた」か「同じような気持の職員」に司会をしてもらってよい。

 

その話し合いの場の日(会議)まで、決してAさんは、同僚とその話題の話をすることを禁じました。

 

Aさんが同僚に根回しをしていると、他の職員に勘違いされるので、
Aさんが話し合うのは、管理者に相談ととその日(会議)だけです。

 ↓

会議で目標を発表し、
「現状の接遇対応は、今のままで良いと思う人は手を上げてください」と挙手の指示を出す

 ↓

接遇対応が悪い職員は、必ず手を上げることはありません!
それは、その職員も自覚しているからです。

 

誰でも、自身の欠点を理解しています。でも変えれない。注意されるとイライラする。というのが大人です。

 

ここで、問題職員が、逆に出来ているに手をあげれば、『クビ候補』として良いと思います。(管理者は)

 

自覚がない人間は、人間的に問題がある人です。

 

【目標】半年後には全員が自身の接遇に満足できるようになる!
『全員が手があげれるようにしましょう!!』を課題に会議を終えました。

 

これにより、Aさんの職場は接遇対応が悪い職員と、喧嘩することなく、むしろ全員でチームの課題を克服したのです。

 

考えてみると当たりまえ

仕事がうまくいかない時には問題解決力

 

『接遇が改善でき・職場環境も良くなった』Aさんの職場ですが、考えてみると当たりまえな良い現象が増えたのです。

 

 

それは『お客が増加!』

 

接遇改善や職員関係も一緒に改善でき、チームで一つの目標をクリアしたので、Aさん以外の職員も人間関係が良好になっていました。

 

それが、『接遇改善・お店の雰囲気の良さ向上』により、お客が増えたのです。

 

当たりまえですが、接遇が悪い・スタッフがギスギスしている『人気なカフェ』なんてありますか??

 

ないですよね!

 

その逆をAさんのチームがしたのです。
その方法を私は一緒に導いたサポートをしました。

 

このような悩みを抱えている方は、本当に多くいます。。

 

この方法を使用してみてください。
方法がわかれば、できる人は多くいます。

 

皆さん『この方法(上記の内容)を知らないだけ』です。

 

スポンサーサイト

お問い合わせ専用

ご相談お問い合わせ可能です。メール送信後にお返事致します。

◆運営者情報◆

はじめまして。HCDコーチング 代表Kiiroです。 【個人育成・集団育成・グループ研修・階級別や部署別などピンポイント研修・問題解決診断・個別カウンセリング・コーチング・20代限定メンタービジョン塾】ご対応させて頂きます。

HCDコーチング


無料PDF教材 コーチ申込 記事一覧