【仕事がうまくいかない解決】プレゼンは声×空間の使い分け意識が大切

今回の仕事がうまくいかない解決セミナー福岡は「プレゼンは声×(かける)空間を使い分け意識が大切」をお伝えしたします。

・声は人物の印象を変える!
・声と空間を最大限活かせば、プレゼンの内容すら違うように伝わる。
・あなたの声は適切か?

 

プレゼン時に「声の大小・高低×空間」が声のアクションとして、とても重要になります。
コミュニケーション能力としても大切です。

 

空間(時・場所・場合)に適した声の「大小・高低(高低差)」は、相手にどのように伝わるのか?を考えていきましょう。

 

人は言葉の内容だけでなく、声からでる「大小・高低(高低差)や空間意識」に心が動かされます
・「声」はプレゼンをしていくうえで相手に様々な印象を与えるものです。
・空間によって声の大小・高低を使い分けるだけで、他者に与える影響が大きく変わります。

 

プレゼンスキル・演説スキル・コミュニケーション能力としても注目される「声と空間」の使い分けをマスターしていきましょう。
仕事がうまくいかない対策スキルの一つとして活用ください。

 

 

スポンサーサイト

1.声の大小・高低を意識するプレゼンスキル

プレゼンを行う中で、プレゼン内容に沿った声の大小・高低を意識していきます。

 

・新規開拓内容は力強い声
(大きな声で、力強い低い声。または輝かしい未来をイメージさせたい時は高い声)

 

・癒しを提供する内容はゆっくりとした声
(小さすぎない声で、ゆっくりとした細い声)

 

声の大小・高低差で印象が変わる

例:声の大きさ・少し高めの声

例として、お客へ商品説明を行うとしましょう。
お客との距離に対して、適切な声の大きさで、いつもより少しだけ高めの声で、商品説明を行います。

 

すると話している内容が、耳に残り易い!と感じてくれます。
そして自信がある商品なんだ!という印象をお客に伝えることができます。
まさにジャパネット営業方式ですね。

 

声が小さく・低い声

逆に声が小さく・低い声で話すと、同じ説明をしていても、全く言葉が耳に残りません。
怪しい・自信がなさそう。「この人からは商品を買いたくない。」なんて思うはずです。

 

スポンサーサイト

2.空間(時・場所・場面)で声を使い分けるプレゼンスキル

空間(時・場所・場面)で声を使い分けるプレゼンスキル。

 

空間(時・場所・場合)を無視した声は不快を与えます。
逆に空間(時・場所・場合)を意識した声は感動を生みます
有名なアメリカ大統領の演説は、素晴らしく声の大小・高低を使い分けた演説スキル・コミュニケーション能力です。

 

空間として分かり易い例

>結婚スピーチ(結婚式の空間)
結婚スピーチの場面で、ジャパネット営業のような声の大きさ・高さを使用するとどうなるでしょうか?

 

何か違いますよね?
違和感を感じられます。
スピーチ内容より声の印象が参加者に残ります。

 

>お葬式の空間
わかり易いケースでは「お葬式の際に、大きな・高い声で「お悔やみ申し上げます」なんて言わないですよね?

 

プレゼンで結果をだしている人は、どのような声で大切な場面を乗り越えているか?なども研究するとよいでしょう。

 

 

コーチング福岡:
最後まで読んでくださり有難うございます。

 

「いいね」くれると記事の作成の励みになります!!


スポンサーサイト

お問い合わせ

ご相談お問い合わせ可能です。メール送信後にお返事致します。

◆運営者情報◆

はじめまして。Kiiro人材育成コンサルタント 代表kiiroです。 【個人育成・集団育成・グループ研修・階級別や部署別などピンポイント研修・問題解決診断・個別カウンセリング・コーチング・20代限定メンタービジョン塾】ご対応させて頂きます。

Kiiro人材育成コンサルタント

費用詳細


無料PDF教材 ビジネス関連 ブログ コーチ申込