場所が変わると心の感じ方が変わるコミュニケーション能力・対人スキル

場所が変わると心の感じ方が変わるコミュニケーション能力・対人スキル

場所が変わると心の感じ方が変わるコミュニケーション能力・対人スキル
コミュニケーション能力・対人スキル行う際、場所を理解して使い分けることが有効な手段です。

 

場所が変わると心の感じ方が変わるとは

コミュニケーションを行う際に、その場所の特徴を理解します。
場所によって心の感じ方が大きく変わります。
適材適所のように、場所に適した話ができるか?は空間マネジメントともいえる大切スキルです。

 

 

人通りが多い場所

・秘密の話など出来ず、一般的な談話に向いています。

 

人通りが少ない場所

・親密・秘密の話がしやすく、一般的な談話より深い話が出来ます。意識しないと話が長くなります。

 

広い場所

・多数で話す際に、開放的な気分になります。少数で話すと寂しさを感じるます。

 

狭い場所

・多数話すと、息が詰まったり、気分が悪くなる方やイライラしたり、感情的になります。他者が密接しないと入れない場所だと、脈が上がる傾向があります。

 

・少数の場合、親密な関係が築きやすい傾向があります。ついつい話してしまった現象です。

 

・男女で狭い場所にいると、高確率で間違いが起きる可能があります。間違いは起こさないよう狭い場所の男女は控えましょう。

 

気になる異性と初めての居酒屋どこに座る?

気になる異性と初めて、居酒屋にいきました。
あなたならどこに座る?

 

ハッキリ言ってどこに座るかで「その後付き合えるか?付き合えないか?」に影響を与えます。
答えは最後に伝えましょう。

 

下記の画像をみて、あなたならどこに座りますか?

↓ ↓

場所が変わると心の感じ方が変わるコミュニケーション能力・対人スキル

人通り×空間の大きさで感じるコミュニケーション能力・対人スキル

人通りが多い・少ない×広い・狭い

日常は、上記の内容を掛け合わせた場所ばかりです。

 

人通りが多い×広い場所

場所に対して適正な人数を入れたら、開放的で人目があるため、社交的になり、盛り上がりやすい。

 

NG:不適切な人数
広い場所に人数が少ないと、虚しさや疎外感を感じてしまう。

 

人通りが多い×狭い場所

場所に対して適正な人数を入れたら、親密的で人目があるため、社交的に盛り上がりやすい。感情的に怒ったりしづらい。
対象の数名と、仲良くなる場合に適しています。

 

NG:不適切な人数
狭い場所に人数が多いと、息苦しさなどストレスを感じたり、気分不良を言えずに我慢する人もいます。

 

人通りが少ない×広い場所

場所に対して適正な人数を入れたら、開放的で、人目がないため喜怒哀楽が表現しやすい。

 

NG:不適切な人数
広い場所に人数が少ないと、虚しさが増幅します。また人が通ると、変な人達と思われないように、黙ってみたり・笑顔になったりと反応してしまいます。

 

人通りが少ない×狭い場所

場所に対して適正な人数をいれても、怪しさがあります。
余程、知られては困る情報を話す際に、適しています。
相手に、この場所に連れてきた目的を理解してもらえなければ、恐怖感を与えてしまいます。

CASEで学ぶ場所で感じるコミュニケーション能力・対人スキル

どうでしょうか?
すでに「場所の理解なんてわかっているよ!」と思われた方もいたかもしれません。

 

なんとなく理解はしてたつもりだったけど、改めて説明されて、納得された方もいらっしゃったでしょう。

 

場所を理解することで、何がコミュニケーション能力・対人スキルなのか?わかりましたか?

 

CASE:プレゼンテーション

自分がプレゼンテーションを行うと際に、会場の広さ、所要人数、参加人数、人通り(隔離されている場合は、想定される騒音)を意識していますか?

 

コミュニケーション能力・対人スキルは、○○でご紹介しましたが、非言語の影響を大きく受けます

 

場所を支配できなければ、どんなに素晴らしいプレゼンテーションを行っても、参加者は理解しづらい空間は、マイナスになります。

 

CASE:商談 客室・相談室

自社内で商談を行う際、客室・相談室などにクライアントをお連れすることがあります。

 

客室・相談室の広さや、来客クライアントの人数など把握しなければいけません。

 

応用

また戦略ですが、余程大切な商談であれば、気分が盛り上がる『空間を演出する』というのも1つの選択です。

 

癒しの匂い・花・整理されたレイアウトなど、客室や相談室は、外部の人間が来客しても相応しい空間にしなければいけません。

 

ダメな例

ダメな例として、社長の趣味プラモデル等や会社功績の額縁など、来客者の少しでも不快に感じるものは排除すべきです。

 

トイレをみれば、その会社や店が解るというように、客室や相談室をみれば、その会社が荒んでいか?わかります。

 

CASE:初めて入る場所で長時間

初めて入る場所は空間観察を行います。
この場所に長時間いたら、自分がどうなるか?を想定します。

 

快適か?気分が悪くなるか?興奮するか?イライラするか?穏やかになるか?

 

想定される自分の感情や思考などを事前に、少し理解出来るだけで、セルフコントロールができるようになります。

 

外的な影響で、人間の感情や思考は変わります。
初めて入る場所に、長時間いなければいけないケースでは、十分に観察やセルフコントロールが必要になります。

 

場所が変わると心の感じ方が変わるコミュニケーション能力・対人スキル

 

↓ ↓

正解は!ここ!!

場所が変わると心の感じ方が変わるコミュニケーション能力・対人スキル

 

<解説>

出入口付近では人目を気にした会話しかできません。生理的に秘密(親近感)を話しません。

 

個室である御座は、2人だけにしては広すぎる為、寂しく感じてしまい、お互いに話し始めるまですごく時間がかかります

 

答えは、「人目は少なく、2人がけテーブル」である赤丸のテーブルです。

是非試して下さい。
人は場所によって心の感じ方が変わります

 

お問い合わせ

ご相談お問い合わせ可能です。メール送信後にお返事致します。

◆運営者情報◆

はじめまして。Kiiro人材育成コンサルタント 代表kiiroです。 【個人育成・集団育成・グループ研修・階級別や部署別などピンポイント研修・問題解決診断・個別カウンセリング・コーチング・20代限定メンタービジョン塾】ご対応させて頂きます。

Kiiro人材育成コンサルタント

費用詳細


無料PDF教材 ビジネス関連 ブログ コーチ申込