人を『枠』から『個』へ観る能力がないと仕事がうまくいかないとは

仕事をしていくなかで、組織・集団という枠と関わることは多くあると思います。
特にリーダーになれば枠(組織・集団)と関わる率は飛躍的に上がります。

 

そんな中枠ばかり気に取られていて、枠しか見えていないリーダーがいます。

 

せっかくの『ビジネンスチャンス・提案力・交渉力・マネジメントスキル・対人スキル』なども、枠にとらわれ過ぎると、せっかくの能力が開花することができません

 

 

<心理的『枠』とは>

・会社員であれば、○○会社という枠
・集団であれば、○○グループという枠

 

枠を自分で勝手に造ることで、客観的に物事をみる能力。

 

<この記事で学べること>

・枠(組織・集団)にとらわれ過ぎると、『個』の分析が全くできずにアプローチ力が弱くなる
・『個』に対して、起きてもいない事実を当てはめようとする

 

<NG例:枠しか観えてない>

・○○会社はそのような方針なんだから仕方ない。
・○○グループは、高齢者ばかりだから誰もできない。
・客(枠)はいつも身勝手なんだから仕方ない。
・女って○○だよね。
・男って○○だよね。

営業であれば、『客』という枠にとらわれてしまいます。
『客』を『個』と観れないと、どの客に対しても同じ営業トークをしていしまいます。

 

『個』である一人一人、価値観が違う為、仕事においても『個』の情報をどれだけ正確に得ていくかが大切になります。

 

参考エントリー:【就職・転職のポイント】内的性格・自己概念の発見は天職への近道
※『個』の価値などを見付ける内容です。参考カテゴリーの内容を読んで頂けるとわかりますが、本当に一人一人全然違う心を持っています。

 

スポンサーサイト

仕事がうまくいかないのは『個』へアプローチする能力と実例を知らないから

リーダーになれると他企業の『組織・集団の代表者やリーダー』と面談する機会が増えると思います。
その際に、枠(組織・集団)にとらわれ過ぎると、アプローチ力が弱い結果になります。

 

<個アプローチ前提>

『組織・集団の代表者やリーダー』は自分が良いと思えば、あなたの提案に賛成するつもりです。

 

『組織・集団の代表者やリーダー』は自分の立場を理解さえしてくれたら、あなたの提案に賛成するつもりです。

 

問題が起きた時・提案しなければいけない時など、個(代表・リーダー)に対して分析し、アプローチすればすぐに終わるものです。

 

スポンサーサイト

 

実例:「個の認識・アプローチ」

「○○会社は、この企画は出来ないとのことだ」

↓ ↓

実際に起きた現象は「○○会社のリーダーAさんは、この企画は出来ないとのことだ」となります。

↓ 数日後 ↓

「同じリーダーであるBさんに提案すると、検討してくれるようになった!」

 

<?>

Aさんはダメだったのに
なぜBさんは検討してくれるの?

 

疑問に思うかもしれませんが、このAさん・Bさんで返事が違うパターンはよくあります。

 

例:あなたの会社でもありませんか?

上司のAさんはシビアな性格
・売上にシビアで会社の方針中心

上司のBさんは頭の回転が速い
・効率性や職員の働きやすさ中心

 

同じリーダーでも、こんなにも性格が違うなという現象。

 

そのイメージを他企業に向けてみましょう。
そうすると、『個』の性格が少し観えてきませんか?

 

例:営業・提案する際はまず客の観察

営業・提案する際に、『客という集団(集合体)』で観てしまうと、営業成績は伸び悩みます。

 

『客という集団(集合体)』で観てしまうと、客の特徴や性格を見落としてしまいます。
枠にとらわれ過ぎて、『個』が観れていません。

 

しっかりと『客=個』でもあり『客=集団』でもあることを認識した上で、営業・アプローチを行うと、あっさり成約が決まったりします。

 

例:女って・男って○○だよね

プライベートでも、男女のよくある行動などを中傷するようなフレーズはよく聞きます。

 

○『男という枠』で彼氏を観る
・浮気するのではないか?
・女を飽きやすいのか?
・今は優しいけど結婚したら・・・

など『男という枠』で観過ぎると、最低な男の出現ですねw

 

○男の彼氏を『個』として観る
・いつも優しい
・わがままには厳しい。何か過去にあったのかな?
・どんな女性がタイプなんだろう?

など『個』としての彼氏が観えてきます。

 

スポンサーサイト

 

まとめ

仕事でもプライベートでも、枠を造ることは客観的な判断として必要な能力である。
しかし枠(組織・集団)にとらわれ過ぎると、『個』の分析が全くできずにアプローチ力が弱くなります
また『個』に対して、起きてもいない事実を当てはめようとしてしまいます

 

『ビジネンスチャンス・提案力・交渉力・マネジメントスキル・対人スキル』を個に行うと能力は開花する。

 

 

コーチング福岡:
最後まで読んでくださり有難うございます。

 

「いいね」くれると記事の作成の励みになります!!


 

スポンサーサイト

 

お問い合わせ

ご相談お問い合わせ可能です。メール送信後にお返事致します。

◆運営者情報◆

はじめまして。KIIRO人材成長コンサルタント 代表kiiroです。 【個人育成・集団育成・グループ研修・階級別や部署別などピンポイント研修・問題解決診断・個別カウンセリング・コーチング・20代限定メンタービジョン塾】ご対応させて頂きます。

KIIRO人材成長コンサルタント

費用詳細

関連ページ

提案力・営業力をアップ(向上)させる法則を知っていますか
報告・連絡・相談(ほうれんそう)の本当の意味と効果を知っていますか?
リーダーの資質に必要な8つの行動が人生を変える
リーダー像の構築にはメンターを資質とすれば短期的で成長する
マネジメントの定義・方法を学べば、人材を発展・成長させることができる
初心者からでもわかるマネジメントの定義とは
業務改善のアイディアは愚痴から誕生する!愚痴はお金になる
人間の本能を活かしたマネジメント・恋愛心理テクニック8選
仕事ができない新入社員が期待のホープと呼ばれる改善方法
ビジネス(仕事)で相手を誘導させる2つのコツ
情報を引き出す傾聴スキルのメリットとは
評価の原因分析・改善で評価を上げる方法とは
人材の発展・成長(能力を引き出す)リーダーが行う1つの行動とは
【ビジネス(仕事)スキルアップ】部下育成・指導のポイントとは
【ビジネス(仕事)スキルアップ】効率的な出世は1つの行動にあった
セルフマネジメントが実施できる人は、仕事偏差値が高いのはなぜか?
【スキルアップ】PDCAサイクル活用で業務改善・円滑な業務遂行
仕事がはかどらない人が劇的に変わる7つの習慣
マネジメントスキル問題解決&改善方法【オープンクエスチョン編】
心理スキルのミラーリングの活用方法とは?
起業・独立は初期設定が重要で、数字が成功へ導いてくれる
パソコン文字入力の仕事がはかどらない!グーグル音声入力で超時短技
問題解決方法に重要な2項目マスターで簡単マネジメント
マネジメントスキルの礎は何から生まれたのか? | 仕事自信実現記
手っ取り早く(短期間)マネジメントやコーチングが取得できる真髄法とは?
物事の本質を見抜くマネジメントスキルで人材が動く|自信実現記
リスクマネジメントのリスク回避能力を向上させれば仕事に自信が持てる
【自信を持つ方法】自信向上・自己確立・成長の壁となる対人関係克服
相手の行動から思考を読み解くマネジメントで自信を持つことができる
仕事がはかどらないのは予定をリスクマネジメントできていないから
「言葉」の認識を変えればマネジメント・営業・自己確立に自信が持てる
提案・交渉・営業力に自信が持てる「数字を活用」したトーク術とは
自分の特性を受容することが最大の自分磨きであり、最大のブランド力
仕事がはかどらない人は最強サイクル「PDCAサイクル」を活用すべき理由
【処理能力】自分の仕事がはかどらない人が簡単に処理能力向上する方法
間違った報告・連絡・相談(ほうれんそう)は周囲の人からマイナス評価
【会社が強くなる】報告・連絡・相談の本当の意味と危機管理活用法
デスク(空間・動線)が原因で仕事がうまくいかないコミュニケーション
リーダースキルを知らない人が学ぶべき2選マネジメント・対人スキル
仕事がうまくいかないのは部下へ指示内容を認識・理解させれてないから
仕事がうまくいかない「言うことを聞かない部下」には理由があった
【期待のホープ心得7選】仕事がうまくいかないを脱出できるスキル
仕事がうまくいかない・辞めたいと感じる会議の改善方法10選

無料PDF教材 ビジネス関連 ブログ コーチ申込