【解決】コミュニケーションがうまくいかないのは空間・動線・時間が原因

人間関係悪化・仕事うまくいかないのはコミュニケーション不足が原因(対人スキル)

私たちは日々コミュニケーションを行いながら、自然と生活を行っています。

 

知らぬ間にコミュニケーション不足から、先入観という自分のフィルターを通して、物事を歪曲して解釈してしまいます。

 

 

ピコ太郎:
あの人ってズルいな。
(人間関係が悪化)

 

俺っちばかり、仕事してる気がするぞ。


 

コーチング福岡:

 

実はみんな自分の価値観で動いています。

 

コミュニケーションが不足が、ピコ太郎君のように「歪曲して解釈」する可能性があります。

 

本当にズルい人もいますがw


 

コミュニケーション不足が原因で、誤解から人間関係悪化・仕事がうまくいかないと嘆く事態まで悪くなることケースは多くあります。

 

コミュニケーション不足から、人間関係悪化や仕事がうまくいかないを解決する方法は、2通りあります。

1つ目は

自分で対人スキルを養うこと
例>【笑顔】人間関係を良好にするコミュニケーション能力・対人スキル

 

2つ目は

空間・動線・時間をコミュニケーションがとりやすく改善すること(適度な距離)

 

今回は2つ目をご紹介致します。
1つ目はこちらのカテゴリーから関係性があるものをチョイスして既読して頂くと幸いです。

 

 

スポンサーサイト

うまくいかないコミュニケーション能力・対人スキルは空間・動線・時間が原因

うまくいかないコミュニケーション能力(対人スキル)は話しにくい空間

近年、コミュニケーションが取りやすい空間が流行りをみせました。

コミュニケーション空間

<職場>

職場であれば、部署で仕切りを作らず、開放的な空間

< 家 >

家庭であれば、間仕切りが少ない家にすることで、夫婦・子供が話しやすい空間

 

コミュニケーション動線

私も会社員(管理者)の時は、事務所入口にデスクを移動しました。
コミュニケーションを図りやすい空間・動線にする為です。
部下が退勤する時はいつも同じセリフですが「今日も1日有難うございました」と皆に言っていました。

 

コミュニケーション能力が大切と言うわりには空間などが工夫されてない

 

コミュニケーション能力(対人スキル)が大切!現代ではよく言われます。

 

しかしながら

 

「個人にコミュニケーション能力(対人スキル)を求めるくせに、そもそもコミュニケーションする場所あるわけ!?

 

うちにそんなスペースないよ。」

 

という会社などは多くあります。

 

 

ピコ太郎:
おいおいっ!

 

これじゃあ「コミュニケーション取れとれ詐欺」じゃないかっ!

 

コミュニケーションの場がないのに、求めてくるなよ!


 

コミュニケーションできる空間(場所)がなければどうしようもありませんね。
空間がないのであれば、ちょっとした工夫の時間をつくるしかありません

 

コミュニケーション時間

<仕事場で工夫>

仕事であれば、自分が休憩前後や仕事の節目に、仕事の内容を話すなど時間の工夫が必要です。

 

初めは「お疲れ様。午後からも頑張りましょう」など軽いコミュニケーションで良いと思います。

<家庭で工夫>

家庭であれば、週末にコミュニケーションを目的として家族会議をしたり、外食に出かけたりと時間をつくると良いでしょう。

 

その時は『スマホ禁止』という一つルールをつくることをお薦めします。

 

スポンサーサイト

【実例】コミュニケーション不足で仕事がうまくいかない

コミュニケーション不足で仕事がうまくいかない実例・解決対人スキル法
先程、私が管理者の時の話をしましたが、その時に起きた実例と解決策を事例としてお話します。

実例:人間関係悪化

サポート役の職務者xさんが、仕事内容で落ち込んでいました。
何に落ち込んでいるのか?お伺いすると、サポート役である為『その日のリーダーによって、仕事内容が変わる』という内容でした。

 

同じ仕事内容でも、xさんからいわく・・・

xさんの意見

@>
仕事の早いAさんがリーダーの時は「もう終わりました」と言われる。

A>
Bさんがリーダーの時は、Bさんがバタバタしていて、xさんは何が終わってないのかわからない。

B>
仲が良いCさんの時は、xさんがお願いして、xさんがメインで働かせもらっている。
体を動かして働くのは好きで、充実感があるとxさん。

 

このxさんの話だけ聞くと、AさんBさんの改善が優先的に見えます。

 

AさんBさんに、何気なくxさんの働きぶりを聞いてみました。

A・Bさんの意見


Cさんは、xさんに業務を押し付けているように感じる。

 

xさんは、どこまで仕事ができるのか把握できない。

 

このx・A・B・Cさん全員の話を聞くと、xさんにもコミュニケーション不足が思い当たる点があったようです。

 

どうでしょうか?
この問題は誰が悪いとか、そんな内容で解決する問題でしょうか?

 

問題のコアをいち早く見つけた方は、コンサルタントの才能があるかもしれません。

 

スポンサーサイト

【解決対人スキル法】コミュニケーション不足で仕事がうまくいかない

実例から学ぶコミュニケーション不足が原因で仕事がうまくいかない

 

上記の実例では、個々のコミュニケーション不足が原因で、誤解や認識の違いが発生しています。

 

この問題のコアは『コミュニケーション不足から起きる誤解・認識のズレ』です。

 

ではどのように、個々がコミュニケーションを自発的に取りながら、仕事が円滑に進むでしょうか?

 

問題のコアとは

複雑に見える問題も、実はコアがあります。
そのコアを解決すれば、「複雑な問題=小さなコア」も自然消滅していきます。
参考エントリー:問題解決方法に重要な2項目マスターで簡単マネジメント

私が行った支援方法は

仕事の節目に業務確認・コミュニケーションを取る固定時間を設けました。

 

このちょっとした2〜3分程度の簡単なコミュニケーションのおかげで、xさんとA・B・Cさんの落ち込んでいた原因が解決しました。
複雑に感じていた問題は、コミュニケーションを少し行うだけで解決しました。

 

 

xさん:

 

私は○○しますので、Aさんは△△をお願いして良いですか?


 

Aさん:

 

全然大丈夫ですよ!なら△△が終わったら手伝いにいくね


 

まとめ

私たちは日々コミュニケーションを行いながら、自然と生活を行っています。

 

知らぬ間にコミュニケーション不足から、先入観という自分のフィルターを通して、物事を歪曲して解釈してしまいます。

 

ピコ太郎:
最後まで読んでくれて
ありがとう!

 

いいね!くださると記事作成のエネルギーになります!


 

スポンサーサイト

 

 

 

お問い合わせ

ご相談お問い合わせ可能です。メール送信後にお返事致します。

◆運営者情報◆

はじめまして。KIIRO人材成長コンサルタント 代表kiiroです。 【個人育成・集団育成・グループ研修・階級別や部署別などピンポイント研修・問題解決診断・個別カウンセリング・コーチング・20代限定メンタービジョン塾】ご対応させて頂きます。

KIIRO人材成長コンサルタント

費用詳細


無料PDF教材 ビジネス関連 ブログ コーチ申込