リスクマネジメントのリスク回避能力を向上させれば仕事に自信が持てる

リスクマネジメント能力を向上させる方法とは?

リスクマネジメントの分野は、多方面に分野が存在するものです。
今回は「予防線(リスクが起きないように)を張ろう」をレクチャーします。
物理的なリスク対策ではなく、私らしい内容ですが「人(ヒューマン)に対してのリスク回避能力です。

 

<メリット>

大きな問題(仕事・プライベートなど)が起きないように、事前に考えられる内容や結果に対して、予防線を張ることで、大きな問題に発展させないようにします。
特にハイリスクな項目に接する際に、必要な内容になります。

 

この予防線を張るか・張らないかで、結果が同じでも、対象である人(ヒューマン)の評価が180度違います。

予防線を張るとは

 

リスクや問題・失敗・非難されたりなどしないように、前もってうっておく手段。

 

 

まずはリスクマネジメントについて学ぼう

リスクマネジメントとは

 

リスクを組織的に管理し、損失などを回避・低減を図るプロセス。

リスクの対応として下記の4項目が存在します。

リスク回避
リスクの発生を回避する

 

○リスクの低減
本質安全と機能安全などのリスクを低減する

 

○リスク共有
リスクを分割すること。リスク分散ともいう。

 

○リスク保有
リスクを受容すること。

 

今回のkiiro式では
大きな問題(仕事・プライベートなど)が起きないように、事前に考えられる内容や結果に対して、予防線を張ることで、大きな問題に発展させないようにするので、「リスク回避」のジャンルが濃いかと思います。ではお話していきます。

 

スポンサーサイト

人に対してのリスク回避能力を向上すれば仕事に自信が持てる

人(ヒューマン)に対してのリスク回避能力

 

人(ヒューマン)と関わる仕事・プライベートであれば必ず起きる問題があります。

 

それは結果に対しての「評価」です。
悪評価であれば、問題が発生する可能性があります。

悪評価=問題(リスク)

 

この「評価」に対しての問題発生(リスク)を、予防線を張るか・張らないかで、結果が同じでも対象である人(ヒューマン)の評価が180度違います。

 

この予防線を張る行為こそが、リスク回避となるのです。

kiiro式 予防線(リスク回避)

kiiro式予防線とは

 

「結果」までのプロセスを対象である人(ヒューマン)に評価・報告・リスク確認を行う。

 

プロセスを評価してもらいながら、最終的に「結果」が悪くても、問題は起きないようにする手段。

 

「予防線(リスクが起きないように)を張る」
※下記手順を間違わないように注意してください。

 

 

CASE:50:50

仮に仕事で、「悪い結果」と「良い結果」のパーセンテージが50%・50%の仕事があったとします。
もちろん「良い結果50%」を目指して、頑張るのはもちろんです。

 

しかし、現実的に「悪い結果50%」が付きまとうことは回避できません。

※「結果が全てだ!」という考えはありますが、今回はリスクに対しての「結果」になるので、少し角度が違う「結果」になります。

 

予防線を張る手順

出来事の開始

前半終了

予防線@

対象の人に前半の
「取り組み状況や課題・リスクを伝える

報告を受けた対象の人は、前半の評価を勝手に行うことでしょう。
評価を行わなくても「頑張っているが、リスクはある」ということが伝えれたら良しです。

 

※この評価・報告・リスク確認が「予防線」になります。

後半開始

後半の前半(8割)終了

予防線A

ここでの予防線は、「結果が○○になりそうですが、再度調整します(取組状況報告)+リスクを伝える」

結 果

 

悪い結果の場合

結果が悪かったとしても、今回であれば予防線を2回張りました。
この2回の予防線のおかげで、悪結果であっても、対象の人(ヒューマン)と問題になることはありません
対象者の人(ヒューマン)は、結果までのプロセスを知って・納得している状態になります。

※もし予防線@の段階で、対象の人(ヒューマン)から、違う方法を提案されれば「それはそれで視野が広がる」と思って良いと思います。

 

良い結果の場合

良い結果であれば対象の人は、自身も参加できたようなプロセスの報告があり、かなり喜ばれるでしょう。
普通の成功評価に比べ120%の高評価のはずです。
次の仕事などの「発展」に繋がります。

 

ビジネス(仕事)現場で予防線を張るマネジメント

ビジネス(仕事)現場で「予防線を張る」リスク回避マネジメントについて参考になったでしょうか?

 

リスクは常につきものでリスクをリスクとさせない方法が、この「予防線を張る」になります。

 

普段何気なくこなしている仕事を、少し意識するだけで、問題(リスク)が激減する方法です。
あなたが普段「自覚がないなかで、よくトラブルに巻き込まれている」・「問題が大きくなる」傾向があるのであれば、是非!活用してみて下さい!

 

ビジネス(仕事)もプライベートも!展開が変わってきます!

 

 

ピコ太郎:
最後まで読んでくれて
ありがとな!
武運を祈るぜ!


 

スポンサーサイト

 

お問い合わせ専用

ご相談お問い合わせ可能です。メール送信後にお返事致します。

◆運営者情報◆

はじめまして。HCDコーチング 代表Kiiroです。 【個人育成・集団育成・グループ研修・階級別や部署別などピンポイント研修・問題解決診断・個別カウンセリング・コーチング・20代限定メンタービジョン塾】ご対応させて頂きます。

HCDコーチング

関連ページ

提案力・営業力をアップ(向上)させる法則
報告・連絡・相談(ほうれんそう)の本当の意味と効果を知っていますか?
リーダーの資質に必要な8つの行動が人生を変える
リーダー像の構築にはメンターを資質とすれば短期的で成長する
マネジメントの定義・方法を学べば、人材を発展・成長させることができる
初心者からでもわかるマネジメントの定義とは
業務改善のアイディアは愚痴から誕生する!愚痴はお金になる
人間の本能を活かしたマネジメント・恋愛心理テクニック8選
仕事ができない新入社員が期待のホープと呼ばれる改善方法
ビジネス(仕事)で相手を誘導させる2つのコツ
情報を引き出す傾聴スキルのメリットとは
評価の原因分析・改善で評価を上げる方法とは
部下育成・指導には提案・指示型リーダーが求められる理由
部下育成・指導のポイントとは
【ビジネス(仕事)スキルアップ】効率的な出世は1つの行動にあった
セルフマネジメントが実施できる人は、仕事偏差値が高いのはなぜか?
【スキルアップ】PDCAサイクル活用で業務改善・円滑な業務遂行
仕事がはかどらない人が劇的に変わる7つの習慣
マネジメントスキル問題解決&改善方法【オープンクエスチョン編】
心理スキルのミラーリングの活用方法とは?
起業・独立は初期設定が重要で、数字が成功へ導いてくれる
パソコン文字入力の仕事がはかどらない!グーグル音声入力で超時短技
問題解決方法に重要な2項目マスターで簡単マネジメント
マネジメントスキルの礎は何から生まれたのか? | 仕事自信実現記
手っ取り早く(短期間)マネジメントやコーチングが取得できる真髄法とは?
物事の本質を見抜くマネジメントスキルで人材が動く|自信実現記
【自信を持つ方法】自信向上・自己確立・成長の壁となる対人関係克服
相手の行動から思考を読み解くマネジメントで自信を持つことができる
仕事がはかどらないのは予定をリスクマネジメントできていないから
「言葉」の認識を変えればマネジメント・営業・自己確立に自信が持てる
提案・交渉・営業力に自信が持てる「数字を活用」したトーク術とは
自分の特性を受容することが最大の自分磨きであり、最大のブランド力
仕事がはかどらない人は最強サイクル「PDCAサイクル」を活用すべき理由
【処理能力】自分の仕事がはかどらない人が簡単に処理能力向上する方法
間違った報告・連絡・相談(ほうれんそう)は周囲の人からマイナス評価
【会社が強くなる】報告・連絡・相談の本当の意味と危機管理活用法
デスク(空間・動線)が原因で仕事がうまくいかないコミュニケーション
リーダースキルを知らない人が学ぶべき2選マネジメント・対人スキル
仕事がうまくいかないのは部下へ指示内容を認識・理解させれてないから
言うことを聞かない部下には理由があった
人を『枠』から『個』へ観る能力がないと仕事がうまくいかないとは
【期待のホープ心得7選】仕事がうまくいかないを脱出できるスキル

無料PDF教材 コーチ申込 記事一覧