【経営学ドラッカー】時代の変化こそマーケティングチャンスだ

私の大好きなドラッカー先生の経営学やマネジメントについてプログ感覚で書いていきます。

 

ドラッカー先生の本を買うまではないかな?または知らなかった!と言う方が、読んでくだされば嬉しいです。

 

ドラッカーは「経営の脅威」のマーケティングを以下のように述べています。

ピンチはチャンスのマーケティング

企業や産業にとって脅威であるかに見える新しい事態こそ、隠された機会が存在する。

 

経営を行えば、必ずしも「世の中の経済」と繋がりが発生します。

 

経営は良い時ばかりではなく、時にはピンチが必ず訪れることもあります。

 

傍から見れば「安定した経営」に見えるかもしれませんが、その深層では組織の命運を分ける自体が起きています。

 

その命運の分岐点が「いつ」訪れるかは時代の時のみが知っており、経営を行う際は柔軟な発想が求められるものです。

 

ドラッカーの述べている・・・

「企業や産業にとって脅威であるかに見える新しい事態こそ、隠された機会が存在する」を理解することで、命運の分岐点をチャンスと転換させることに成功すれば、大きな活路が見出すことができるかもしれません。

スポンサーサイト

企業や産業にとっての脅威とは文明の進歩だった

「企業や産業にとって脅威であるかに見える新しい事態こそ、隠された機会が存在する」を分解して理解していくことで、経営のピンチがチャンスになるマーケティングがみえてきます。

 

企業や産業にとっての脅威とは?

企業や産業にとって脅威の対象は「文明の進歩」が当てはまります。
従来の電球がLED電球によってシェアを奪われたように、文明の進歩によって「新しい技術」がビジネスへと転換されていきます。

 

このような文明の進歩こそが、経営にとって「脅威」といえるのです。
今までの方法では今後、利益が低下する可能性があるにも関わらず「今の経営方法を変えることができない」と初めから独自性を固持してしまい、文明の進歩を「脅威」と感じてしまうのです。

 

脅威である新しい事態こそ、隠された機会

従来の電球とLED電球を例に挙げて申し訳ないのですが、従来の電球を製造していた会社はLED電球の普及と共に廃業しています。

 

「文明の進歩」であるLED電球が普及すること

↓ ↓

脅威である新しい事態

 

隠された機会とは?

現在では、多くの企業や店舗がLED電球に変更されています。
そのシェアは今後も増進していくことだと思います。

 

従来電球会社にとって、このLED電球普及というピンチが、チャンスとなる「隠された機会」の宝が眠っているのです。

 

時代の流れに恐れず、新しい文明を取り入れながら挑戦・進展してこそ、多くの利益を追求することができるのです。

景気の良し・悪しの転機はビジネスチャンス

景気が良い時代もあれば、不況で悪い時代もあります。
景気が悪い時代になると「景気が悪いから仕方ない・顧客がお金を使わないから売上が落ちた」など様々な理由を造ることができます。

 

しかし不況をも「チャンス」と捉える考え方次第で、ビジネスが発展へと変わっていくのです。

 

景気が良いと

・人間はステータスにお金を払う
・意味もない高価なモノが売れやすい

 

景気が悪い(不況)と

・利便性にお金を払う
・リーズナブルで質の高いものにお金を払う

 

この例をもとに考えれば、不況が起きた時点で、経営の方向性を不況にシフトチェンジできれば、多くの利益を得る活路が独占できます。
ピンチがチャンスと昔から言われる言葉ですが、マーケティングの世界でも、このピンチに活路があるとドラッカーは述べています。

 

 

○企業や産業にとって脅威であるかに見える新しい事態=ピンチ

 

○隠された機会が存在する=チャンス・独占利益

 

 

スポンサーサイト
スポンサーサイト

お問い合わせ専用

ご相談お問い合わせ可能です。メール送信後にお返事致します。

◆運営者情報◆

はじめまして。HCDコーチング 代表Kiiroです。 【個人育成・集団育成・グループ研修・階級別や部署別などピンポイント研修・問題解決診断・個別カウンセリング・コーチング・20代限定メンタービジョン塾】ご対応させて頂きます。

HCDコーチング


無料PDF教材 コーチ申込 記事一覧