問題解決方法に重要な2項目マスターで簡単マネジメント

問題解決方法マニュアルを学び仕事力スキルアップを図ろう!

 

マネジメントや仕事スキルにおいて、難しいとされてある「問題解決」。
kiiro式問題解決方法マニュアルを学び、ピンチをクリアしていきましょう!

 

<問題解決とは>

問題対象を解していき、解決策を考案・決定することで実行すること。

 

マネジメントや仕事スキルにおいて、高次元の欲求を知的かつ実行により解決へ導く。

 

 

問題に対しての心構え

問題解決を行う際は「個人1人で修正を行えばできるもの・できないもの」の2種類があります。

 

1人で解決できるものでも、チームと共有することで、問題に対して向き合わなければいけません。
また必ずリーダーが先頭に立って、1人でも多くの人が問題と向き合わなければなりません。

 

※問題解決を放棄する・無視するといった行動は、未来の発展を放棄することになります。可能な限り問題に向き合いましょう。

 

スポンサーサイト

問題解決力をスケールで学ぶマネジメント

問題解決方法において、問題には3つのスケール(規模)があると認識してください。

 

問題にはスケール(規模)があり、その問題スケール(規模)によって対応・解決方法が異なります。

 

では問題解決方法マニュアルを学び仕事力スキルアップを図りましょう。

スケールLevel1
個人(1人):物理的対応

 

問題解決の際に、その場に必ずいないといけない。
現場や対象者に会って話すだけで、問題解決する場合。

 

※本当に些細なことが問題になり、問題に対して関係者とコミュニケーションを図れば、すぐに解決する内容。

 

スケールLevel2
複数(2人以上):指示的対応

 

経験により問題解決方法がわかる際に、問題解決方法の考案者が指示を出し解決へ導く方法。

スケールLevel3
多数(3人以上):集団的対応

 

1つの問題に対して、集団(多数)の知識や解決策が必要になり、複雑かつ期間が必要な場合。

 

○イノベーション(意識改革)
有名なマネジメントスキルでは「イノベ―ジョン(意識改革)を行い解決する方法」があります。

 

イノベーションは、多数の人が問題に対して向き合う姿勢や環境を造っていく高度スキルです。

 

○問題のコア(核)を潰す
どんなに複雑な問題でも、必ずコア(核)が存在します。
このコアは、その他小さな問題にくっついています。
小さな問題を1つ1つ解決していくのではく、問題のコアを見付け出します。
問題のコアを潰す(解決)ことで、小さな問題も自然消滅していきます。

 

 

問題スケール規模で解決方法が変わります。
※「個人〜多数」と規模が大きくなる=問題規模の大きさ

 

「1より10.10より100」といったように、問題規模によって、マネジメントの対象者人数が大きく変わります

 

その人数と問題の大きさが一致(イコール)してなければ、問題に対してミスマッチが起き、簡単な問題でもなかなか解決できず、リーダーの信頼損失・チームの空中分解リスクが生じます。

 

実際の現場では、「個人:物理的対応」・「複数:指示的対応」のどちらかが多く使われます。

 

「多数:集団的対応」に関しては、イノベーションを行わなければならない為、問題点を整理する時間が必要になります。

 

スポンサーサイト

問題のスピード解決を意識して行うべき

「スケールLevel1−3」どの問題も、解決力にはスピードが1番大切だと言われています。
実際に私も、スピードに意識をして問題に取り組んでおり、解決力(鬼)であればスピード力は(金棒)と言っても良いほど重要になります。

 

○スケールLevel1−2に対してのスピード力
トラブルケースの多くは、スピード力が乏しく、問題を先延ばしにして、ベストアンサーを求め過ぎた結果だと言えます(トラブル発生)。 
孔子が問題解決方法に対して述べています。有名な文ですが現代風にお伝えします。
「問題を早く対応すれば、問題対応案が60点でも良い。問題を先送りすると、問題は肥大し対応できなくなる」

 

※クレームなどの問題も同じことが言えます。早く対応することに何一つマイナスはありません。スピード力を意識して行いましょう。

 

少々のことであれば答えがベストでなかろうとも、その瞬間にLevel1・2をスピード解決していきます。

 

○スケールLevel3に対してのスピード力
Level3に関しても1週間程度で行い、長期に渡りベストアンサーを求めることはしません

 

「規模の大きい問題」=「無数の問題」=「規模の小さい問題の数列」にしか過ぎないのです。

 

この「規模の小さい問題の数列」を1つ1つ丁寧に解決するのでは、時間がいくらあっても足りません。

 

「問題のコア(核)を探し潰す方法」が最もスピード解決が行え、最も効果的です。

 

スポンサーサイト

 

お問い合わせ専用

ご相談お問い合わせ可能です。メール送信後にお返事致します。

◆運営者情報◆

はじめまして。Kiiro人材育成コンサルタント 代表Kiiroです。 【個人育成・集団育成・グループ研修・階級別や部署別などピンポイント研修・問題解決診断・個別カウンセリング・コーチング・20代限定メンタービジョン塾】ご対応させて頂きます。

Kiiro人材育成コンサルタント

関連ページ

提案力・営業力をアップ(向上)させる法則
報告・連絡・相談(ほうれんそう)の本当の意味と効果を知っていますか?
リーダーの資質に必要な8つの行動が人生を変える
リーダー像の構築にはメンターを資質とすれば短期的で成長する
マネジメントの定義・方法を学べば、人材を発展・成長させることができる
初心者からでもわかるマネジメントの定義とは
業務改善のアイディアは愚痴から誕生する!愚痴はお金になる
人間の本能を活かしたマネジメント・恋愛心理テクニック8選
仕事ができない新入社員が期待のホープと呼ばれる改善方法
ビジネス(仕事)で相手を誘導させる2つのコツ
情報を引き出す傾聴スキルのメリットとは
評価の原因分析・改善で評価を上げる方法とは
人材の発展・成長(能力を引き出す)リーダーが行う1つの行動とは
【ビジネス(仕事)スキルアップ】部下育成・指導のポイントとは
【ビジネス(仕事)スキルアップ】効率的な出世は1つの行動にあった
セルフマネジメントが実施できる人は、仕事偏差値が高いのはなぜか?
【スキルアップ】PDCAサイクル活用で業務改善・円滑な業務遂行
仕事がはかどらない人が劇的に変わる7つの習慣
マネジメントスキル問題解決&改善方法【オープンクエスチョン編】
心理スキルのミラーリングの活用方法とは?
起業・独立は初期設定が重要で、数字が成功へ導いてくれる
パソコン文字入力の仕事がはかどらない!グーグル音声入力で超時短技
マネジメントスキルの礎は何から生まれたのか? | 仕事自信実現記
手っ取り早く(短期間)マネジメントやコーチングが取得できる真髄法とは?
物事の本質を見抜くマネジメントスキルで人材が動く|自信実現記
リスクマネジメントのリスク回避能力を向上させれば仕事に自信が持てる
【自信を持つ方法】自信向上・自己確立・成長の壁となる対人関係克服
相手の行動から思考を読み解くマネジメントで自信を持つことができる
仕事がはかどらないのは予定をリスクマネジメントできていないから
「言葉」の認識を変えればマネジメント・営業・自己確立に自信が持てる
提案・交渉・営業力に自信が持てる「数字を活用」したトーク術とは
自分の特性を受容することが最大の自分磨きであり、最大のブランド力
仕事がはかどらない人は最強サイクル「PDCAサイクル」を活用すべき理由
【処理能力】自分の仕事がはかどらない人が簡単に処理能力向上する方法
間違った報告・連絡・相談(ほうれんそう)は周囲の人からマイナス評価
【会社が強くなる】報告・連絡・相談の本当の意味と危機管理活用法
デスク(空間・動線)が原因で仕事がうまくいかないコミュニケーション
リーダースキルを知らない人が学ぶべき2選マネジメント・対人スキル
仕事がうまくいかないのは部下へ指示内容を認識・理解させれてないから
言うことを聞かない部下には理由があった
人を『枠』から『個』へ観る能力がないと仕事がうまくいかないとは
【期待のホープ心得7選】仕事がうまくいかないを脱出できるスキル
仕事がうまくいかない・辞めたいと感じる会議の改善方法10選
【仕事がうまくいかない】3種類の報告の意味を使い分けてないから

無料PDF教材 コーチ申込 記事一覧