リーダーの資質に必要な8つの行動が人生を変える

今回のビジネス(仕事)スキルアップビジネスコーチングは
リーダーシップに求められる資質とは何か?をテーマにレクチャーしていきます。
リーダーの資質に必要な8つの行動が人生を変える | コーチング

 

リーダーシップとは

組織を束ねる行動・指導力を表す。リーダーの良質さが組織に良い影響を与える。

 

リーダーを数年務めてきた私の実戦を基に、リーダーに必要な8項目を上げています。
この8項目は良質なリーダーになる為の項目であり、8項目全てができてなければリーダーの資質がないわけではありません。

 

またリーダーを目指す為には、リーダーモデル(メンター)を造ることで、容易にリーダー像が構築できます。

 

 

スポンサーサイト

リーダーの資質(1-3項目)

1.結果を出し続ける意識

優れたリーダーになる為には『結果』を意識しなければいけません。
結果を出し続けることを意識して初めてリーダーの土俵に立つことになります。

 

2.先頭に立ち先陣を取る(行動力)

リーダーは逃げてはいけません。
時として、リーダーが壁を壊す勇気も必要です。
人は先頭者がいれば、後に続きます。

 

リーダが先陣を取り、ある程度してから部下に先頭を変わっても問題ありません。

 

しかし『初めの先頭』だけはリーダーが先陣をきらなければ『集団』は動きません。

 

3.コミュニケーション能力

リーダーの資質として、最も訓練が必要な分野がコミュニケーション能力になります。
言葉の世界は奥が深く、リーダーは影響力がある為、自分の言葉が生きて動きます。
リーダーが心優しいコミュニケーションを行えば、部下も和やかな雰囲気になります。

 

また部下が落ち込んでいる時・悩んでいる時などは、小豆にコミュニケーションを行うことで、部下が回復する効果が期待できます。
『グチグチ説教』を行わずに『ポイントだけを的確に短く伝えましょう』。

 

○ポイント

<注意>
部下の注意はポイントだけを的確に!

<フォロー>
注意して終わりではなくフォローを必ず行う

<再フォロー>
・注意したポイントが出来ているか?
・途中でつまづいてないか?
・何が難しかったか?

 

 

リーダーの資質(4-8項目)

4.怒らないスキル

リーダーは何があっても怒ってはいけません。
感情は笑う以外はビジネスに必要ないのです。

 

感情的なリーダーは必ず、自分で自分の首を絞めてしまいます。
リーダーは常に客観的に、冷静でなければ『組織が自然崩壊』してしまいます。

 

自分の変わりに「怒る人間」を側近に置くこと、リーダーは冷静でいられます。

 

5.交渉術

リーダーは交渉の場面に遭遇することが多々あります。

 

交渉で負けないポイントは、交渉の際にいち早く『核』を見付け出すことです。

 

・交渉相手は何を求めているのか?(核)

 

この核をいち早く見付け出し、先手を打つことが交渉に勝ち続ける方法です。

 

 

6.処理能力・問題解決

リーダーは問題を早く解決しなければいけません。

 

問題は『時間が経てば経つほど悪化』する傾向があります。
しかし、問題の先送りを行う社会人は多くいます。

 

小さな問題が、どんどん成長しあなたに襲いかかります。

 

あとで面倒なことになり後悔しない為にも、いち早く小さな問題を解決していくことが全てになります。

 

処理能力には問題解決以外にも、事務的処理や行動的処理など細かく分けると多岐になります。
しかし、結局はどの処理も『早く行う』ことが大切になります。

 

リーダーの処理能力は、部下の処理能力にも影響を与えます。
「合理的で処理の早いリーダー」の姿を見ている部下は、合理的で俊敏な行動を行っていきます。

 

 

7.憶える努力

リーダーは『憶える』行動を意識して努力しなければいけません。
約束・問題を忘れてしまうようなリーダーは誰も信じてくれません。

 

・小豆にメモを取る
・忘れそうであれば手に書く
・1日を振り返る

 

 

8.人に好かれる能力(人徳&仁徳)

リーダーは協調性も必要です。
しかし協調性ばかりを意識するのではなく、ただ純粋に『人に好かれる』人物である方が有利になります。

 

『リーダーのお願いなら!』・『困った時はいつでも言って下さい!』など周囲が、リーダーの人物像を好んでいる状態になると、大変大きな力になります。

 

例えるならば・・・
ドラゴンボールの悟空みたいな人物になります。
リーダーの資質が乏しくても、周囲から絶大な人徳&仁徳を得ています。

 

・周りの人は、あなたの鏡である。
(リーダーの行動や振る舞いによって、周囲の人間が変わります)

 

スポンサーサイト

 

リーダーの資質まとめ

【ビジネス(仕事)スキルアップ】リーダーの資質

8項目

リーダーの資質に必要な8つの行動が人生を変える | コーチング
1.結果を出し続ける意識

 

2.先頭に立ち先陣を取る(行動力)

 

3.コミュニケーション能力

 

4.怒らないスキル

 

5.交渉術

 

6.問題処理能力

 

7.憶える努力

 

8.人に好かれる能力

 

 

ピコ太郎:
最後まで読んでくれて
ありがとな!
武運を祈るぜ!


 

スポンサーサイト

 







お問い合わせ専用

ご相談お問い合わせ可能です。メール送信後にお返事致します。

◆運営者情報◆

はじめまして。Kiiro人材育成コンサルタント 代表Kiiroです。 【個人育成・集団育成・グループ研修・階級別や部署別などピンポイント研修・問題解決診断・個別カウンセリング・コーチング・20代限定メンタービジョン塾】ご対応させて頂きます。

Kiiro人材育成コンサルタント

関連ページ

提案力・営業力をアップ(向上)させる法則
報告・連絡・相談(ほうれんそう)の本当の意味と効果を知っていますか?
リーダー像の構築にはメンターを資質とすれば短期的で成長する
マネジメントの定義・方法を学べば、人材を発展・成長させることができる
初心者からでもわかるマネジメントの定義とは
業務改善のアイディアは愚痴から誕生する!愚痴はお金になる
人間の本能を活かしたマネジメント・恋愛心理テクニック8選
仕事ができない新入社員が期待のホープと呼ばれる改善方法
ビジネス(仕事)で相手を誘導させる2つのコツ
情報を引き出す傾聴スキルのメリットとは
評価の原因分析・改善で評価を上げる方法とは
人材の発展・成長(能力を引き出す)リーダーが行う1つの行動とは
【ビジネス(仕事)スキルアップ】部下育成・指導のポイントとは
【ビジネス(仕事)スキルアップ】効率的な出世は1つの行動にあった
セルフマネジメントが実施できる人は、仕事偏差値が高いのはなぜか?
【スキルアップ】PDCAサイクル活用で業務改善・円滑な業務遂行
仕事がはかどらない人が劇的に変わる7つの習慣
マネジメントスキル問題解決&改善方法【オープンクエスチョン編】
心理スキルのミラーリングの活用方法とは?
起業・独立は初期設定が重要で、数字が成功へ導いてくれる
パソコン文字入力の仕事がはかどらない!グーグル音声入力で超時短技
問題解決方法に重要な2項目マスターで簡単マネジメント
マネジメントスキルの礎は何から生まれたのか? | 仕事自信実現記
手っ取り早く(短期間)マネジメントやコーチングが取得できる真髄法とは?
物事の本質を見抜くマネジメントスキルで人材が動く|自信実現記
リスクマネジメントのリスク回避能力を向上させれば仕事に自信が持てる
【自信を持つ方法】自信向上・自己確立・成長の壁となる対人関係克服
相手の行動から思考を読み解くマネジメントで自信を持つことができる
仕事がはかどらないのは予定をリスクマネジメントできていないから
「言葉」の認識を変えればマネジメント・営業・自己確立に自信が持てる
提案・交渉・営業力に自信が持てる「数字を活用」したトーク術とは
自分の特性を受容することが最大の自分磨きであり、最大のブランド力
仕事がはかどらない人は最強サイクル「PDCAサイクル」を活用すべき理由
【処理能力】自分の仕事がはかどらない人が簡単に処理能力向上する方法
間違った報告・連絡・相談(ほうれんそう)は周囲の人からマイナス評価
【会社が強くなる】報告・連絡・相談の本当の意味と危機管理活用法
デスク(空間・動線)が原因で仕事がうまくいかないコミュニケーション
リーダースキルを知らない人が学ぶべき2選マネジメント・対人スキル
仕事がうまくいかないのは部下へ指示内容を認識・理解させれてないから
言うことを聞かない部下には理由があった
人を『枠』から『個』へ観る能力がないと仕事がうまくいかないとは
【期待のホープ心得7選】仕事がうまくいかないを脱出できるスキル
仕事がうまくいかない・辞めたいと感じる会議の改善方法10選
【仕事がうまくいかない】3種類の報告の意味を使い分けてないから

無料PDF教材 コーチ申込 記事一覧