【ビジネス(仕事)スキルアップ】部下育成・指導のポイントとは


今回のビジネス(仕事)スキルアップビジネスコーチングは

 

【ビジネス(仕事)スキルアップ】部下育成・指導のポイントをレクチャーします。

 

簡単のようですがポイントがあります。
せっかく教えるなら、あなた自身も成長することができるように話していこうと思います。

 

部下の育成・指導スキルのポイントとは?

入社2年目以降になれば必ず訪れる場面。
それは「部下の育成・指導」という業務。

 

 

ピコ太郎:
あぁーあれね。部下ににいろいろ教えるやつでしょう。結構めんどうだよね。


 

コーチング福岡:
ピコ太郎君。そう言わずに今回は、部下の育成・指導スキルのポイントをレクチャーしますね。
自信が持てるようになれば、ワンランク上のビジネス(仕事)へ発展ができますので、楽しんで学んでください。


 

ピコ太郎:
ただ教えるだけじゃダメなの?ポイント?教えてもらったことないから知らねーよ。


部下の育成・指導スキルを教えてもらったことがない

部下の育成・指導スキルを教えてもらったことがない。
自分が教えてもらった時のように、見様見真似で部下に教えてみる。

実はこの時点で組織の悪循環が発生していきます。

 

 

ピコ太郎:
なるほどダメな先輩から教えられた部下は、悪の伝承をしてしまうだな。
どんまいだね。


 

コーチング福岡:
ピコ太郎君。なかなか言いますね。

 

ですが日本では、ここ数年で育成・指導スキルというのが注目されたばかりです。
今までは野球部の監督のような精神論ばかりでした。

 

他国に比べOJT(現場研修)・OFF−JT(座学研修)のスキルはまだまだ発展の余地があります。


組織によっては「部下の育成・指導専属の部署」があります。まさに発展的な企業といえるでしょう。

 

では「部下の育成・指導スキル」を学んでいない人は、どのように部下に「教える」ことを行えばよいのでしょうか?

部下をマネジメント「発展」させるとは

一般的な「教える」というのは「業務の方法を教える=ティーチング」になります。
この「教える」はとてもポピュラーな方法で、私たちは学生の頃から先生に教えてもらい育ちました。

 

その方法がビジネス(仕事)へ転換した際に、この「教える」といのにスキルはいりません。
ただ教えれば良いので、あなたでなくてもパートさんでも良いのです。

 

ピコ太郎:
課長が仕事中にスマホゲームしている事なら、俺でも教えれるな。


 

コーチング福岡:
まぁそんな感じにしときましょう。
「育成・指導と教える」の違いが分かれば良いです。


 

 

ビジネス(仕事)においての「教える」はその先があります。スキルアップ。

 

「教える+発展させる」=育成・指導

 

ビジネスにおいて、教育係は「発展させる」を行わなければなりません

 

個人の能力は皆均等ではなく、突出している分野があります。また「自立の芽生え」さえさせれば、勝手に「発展」していきます。

 

 

ピコ太郎:
おいおい!いきなり難しいこと言って片づけようとするんじゃねーよ。


 

コーチング福岡:
バレましたか。ピコ太郎君は鋭い目を持っていますね。


 

ピコ太郎:
そうかな。俺っち的には普通だけどな。これからも鋭くいくぜ。


 

コーチング福岡:
はい。これでピコ太郎君が一つ自立しましたね。
「自立の芽生え」を今行ったのですがわかりましたか?

 

CASEで学んでいきましょう。


部下を「発展」させ、自立心を芽生えさせる方法

CASE:新米のティッシュ配り従業員

・通りすがる人へティッシュを配る

 

ティーチング:

・一日1000袋のティッシュを配る。
・歩く人と同じ速度で「そっ」とティッシュを配る。

 

発展させる:

A氏:
なぜ皆、ティッシュを受け取ってくれないっスかね?

指導係:
なぜだと思いますか?(答えを自分で出させる)

A氏:
駅前は忙しい人ばかりで、この場所が悪いのですかね?

指導係:
あなたが忙しかったら、どんな声をかけてもらいたいですか?

A氏:
う〜ん。「今日もお疲れ様です!」とかですかね?

指導係:
そうだね。それだと嫌な気分にはならないね。

指導者:
なら時間別に言うセリフを変えてみてはどうでしょう?

A氏:
イイっすねっ!「朝と夕方」では全然気分が違いますもんね!
「今日も一日お勤め御苦労様です」とか言われたいっスね!

指導者:
そうだね。それは発見だね。
ところで、今まで受け取ってくれた人はどんな人が多いですか?

A氏:
そうっすね。30〜50代の女性が多いですね!

指導者:
君のルックスが、その世代に評価されているみたいですね。
(技術がないので、純粋なルックス(雰囲気)で受け取っていると仮定)

A氏:
確かに年上の彼女が多いですね。
そうかっ!30〜50代の女性に配れば良いのか!

指導者:
「ティッシュをすぐ配り終わる」という目標だけを考えれば、それは正解だと思います。まずは、その案で成功されてみて下さい。

自立の芽生えCASEのまとめ

このケースで成功したA氏は、次の課題を自身で考えるようになります。
ティッシュ袋に入った広告に合う「服装や声掛け」を心がけるようになりました。

 

※この技術は、他のビジネスへ変わったとしても役立つ洞察力になります。
このわずか5分の会話が、A氏の「自立への芽生え」を開花させました。
このように「教える+発展させる」技術が指導者は必要になります。

 

良い指導者に出会えば、良いビジネスマンが生まれます!
そのことを忘れてしまったビジネス社会では、あなたが「その指導者へなるチャンス」が転がっているのです!

 

 

ピコ太郎:
最後まで読んでくれて
ありがとな!
武運を祈るぜ!


 

コーチング福岡:

 

SNSシェア
『いいね』
スマイル¥0

 

お願い致します。
記事作成の励みになります!


関連ページ

提案力・営業力をアップ(向上)させる法則を知っていますか
報告・連絡・相談(ほうれんそう)の本当の意味と効果を知っていますか?
リーダーの資質に必要な8つの行動が人生を変える
リーダー像の構築にはメンターを資質とすれば短期的で成長する
マネジメントの定義・方法を学べば、人材を発展・成長させることができる
初心者からでもわかるマネジメントの定義とは
業務改善のアイディアは愚痴から誕生する!愚痴はお金になる
人間の本能を活かしたマネジメント・恋愛心理テクニック8選
仕事ができない新入社員のが、期待のホープと呼ばれる改善方法
ビジネス(仕事)で相手を誘導させる2つのコツ
情報を引き出す傾聴スキルのメリットとは
評価の原因分析・改善で評価を上げる方法とは
人材の発展・成長(能力を引き出す)リーダーが行う1つの行動とは
【ビジネス(仕事)スキルアップ】効率的な出世は1つの行動にあった
セルフマネジメントが実施できる人は、仕事偏差値が高いのはなぜか?
【スキルアップ】PDCAサイクル活用で業務改善・円滑な業務遂行
仕事がはかどらない人が劇的に変わる7つの習慣
マネジメントスキル問題解決&改善方法【オープンクエスチョン編】
心理スキルのミラーリングの活用方法とは?

無料PDF教材 ビジネス関連 ブログ コーチ申込