業務改善のアイディアは愚痴から誕生する!愚痴はお金になる

今回のビジネス(仕事)スキルアップビジネスコーチングは
愚痴を業務改善のアイディアへ変換をテーマにレクチャーしていきます。

業務改善とは

業務に関わる人・モノ・コスト・情報の改善を図り成果を出す

 

 

 

ピコ太郎:
愚痴なら腐るほど
毎日更新してるぜー!

 

俺っちの愚痴が、業務改善のアイディアになるのか?
信じられないな?


 

コーチング福岡:

 

愚痴は「気づき」でもあります。

 

ピコ太郎君の観点で、気づいているものを「愚痴」と発言していますが、「愚痴プラス○○」を行えば、業務改善になるのです!

 

特許なども、初めは消費者などの愚痴から生まれるものです!


 

業務改善のアイディアはどうやってうまれるの?

 

「大なり小なり」アイディアをひらめくことがあると思います。
そのアイディアをそのまま、時の流れにまかせて忘れていませんか?

 

○もっとこうしたらビジネス(仕事)の効率がUPするのに

 

○もっと上司がうまく指示をだしてくれたら、スムーズに作業ができるのに

 

○AさんとBさんは、二人揃うとビジネス(仕事)の作業率が悪いから、席を離せば、個々の能力を発揮できるのに。

 

○このように変えたら、商品がもっと売れるのでは?!!

 

例えですが、現場で働らいていると様々な発想がうまれると思います。

 

業務改善のアイディアは2通りある

アイディア(ひらめき)の2通り

○「愚痴」から生まれるもの
○あなたが想像してうまれるもの

 

一般的には、きれいなイメージのほうが、アイディアと思いますが、
現場で働いている際のアイディアは「愚痴」から生まれるものが本当は多いです。

 

ですが!愚痴をそのまま垂れ流すだけで終われば、それは本当の「愚痴」以外何者でもありません!

 

そんなのもったいない!業務改善アイディアのほとんどは「不満を解決させるひらめき」から生まれるものなのです。

愚痴を業務改善アイディアへ変換する方法


愚痴を愚痴で終わらせず⇒愚痴をアイディアへ変換する方法!

 

実は、「愚痴」に対して胸を張って、アイディアと言う為には条件があります。

→それは行動力!です

 

「愚痴」を言って終わりではなく、行動することで初めて「愚痴」が業務改善アイディアへと変換されるのです。

 

今まで言っていた「愚痴」を

↓ ↓

『よし!なら良くしようじゃないか!あなたも一緒によくしましょう!』となれば、それは立派なアイディアになります。

 

ほとんどの方が、愚痴をビジネス(仕事)のガス抜き程度しか考えてなく、不満はあるけど変えようとしません。

 

そして愚痴が愚痴をうみ、どんどん拡大していくばかりになります。
いつかバブルのように弾けたら・・・ストライキ!となりかねません。

 

そんな状態の時、ストライキ参加者にあなたが立っていたら、「そんな元気あるなら改善しなさい」ですよ。

 

『そんな私から良くしようじゃないか!』・『あなたも一緒によくしましょう!』なんて言えない。と思うかもしれません。
ですが、それは誰でも思うことです。
みんながしないから、意味がある!(愚痴をアイディアへ)

 

普通の人は「愚痴」で終わりです。

 

仕事がうまくいっている人は、この「愚痴」をアイディアへと変換させる行動をしているだけなのです。

 

そして、誰もアイディアへと変換しない人ばかりの職場であれば、『それはあなたが活躍できる大チャンス!』なのです。
仕事がうまくいく方法が、その「愚痴」のなかに眠っています

<ポイント>

同僚や部下の愚痴をアイディアへと変えると業務改善になる。

 

以前、私が短時間で出世した方法【ダイレクトメッセージ】を話しましたが、その方法と併用して行うと、みるみると思考が具現化できます。

 

 

ピコ太郎:
「愚痴プラス行動」を行えば、愚痴ではなく、業務改善になるのか!

 

つまり俺っちの愚痴が経済を動かすってことか!


 

コーチング福岡:

 

大きくでましたね!
間違ってはないですよ!

 

「愚痴プラス行動」を行えば、それは立派な業務改善のアイディアになります!


事例)愚痴を業務改善アイディアへ変換


私の体験談で恐縮ですが、とても簡単で「行動しただけ」のCASEを参考例とします。

CASE:部下の愚痴(一例)

私は愚痴を一切封印して、ビジネス(仕事)をしていました。

 

あまり自身から愚痴をいうことはないのですが、部下からやはり「愚痴」を聞くことはありました。

 

例えば「このコンセプトでパンフレットを作成しても、読む人は絶対わからないですよね?なんでこんなダサいパンフレット作るのですかね?」

 

そんな些細な部下の「愚痴」を聞いていたのですが、ふと部下の言っているパンフレットを見ると「うわぁぁぁださー。このコンセプトでいいの?」なんて素直に思いました。

 

ここからが【アイディアへ変換できた行動】
そして、パンフレットを作成している部署に、「このパンフレットについて教えてほしいことがあんだけど?」と下から相談しにいきました。
すると作成者側も実は、作成しながら迷子になっているようでした。そんな時に部下がいっていた内容や私が改善してほしい点を数点、下から言いました。(腹をかかれたらどうしようもないので)
「なるほど!」と作成者側も助かったみたいで、素晴らしいパンフレットが作成されました。

 

このように、ある程度社内で権力があるのであれば、部下の「愚痴」をアイディアへ変換させる役を、あなたが行えば良いのです!
そうすることで、「あなた自身の業績や信頼もUPしますし、部下も自分の意見で上司が動いてくれた!」と思いますます仕事にやる気を出すことでしょう。

 

この方法は、部下のモチベーションやパフォーマンスをあげるマネジメントスキルとして、おススメにもなりますので是非現場で活用してください。

 

そんなことを考えて「愚痴」を聞く人なんて、少ないので、この知識を得たあなたは一つキャリアアップしています。
「愚痴」をアイディアに変換し、お金に変えてください

 

ピコ太郎:
愚痴がお金に変わるとは、思いもしなかったな。
俺っちの会社で早速、小さなことから実践してみよう!!

 

1人で改善できれば、丸儲け評価ゲットだぜ!


 

コーチング福岡:

 

1人だけの愚痴ではなく、複数の人の愚痴が一致していたほうが、改善した際の影響力は爆発的になりますよ。

 

最後までお話しを聞いて下さり有難うございます。
いいね。をくださると励みになります(>_<)


関連ページ

提案力・営業力をアップ(向上)させる法則を知っていますか
報告・連絡・相談(ほうれんそう)の本当の意味と効果を知っていますか?
リーダーの資質に必要な8つの行動が人生を変える
リーダー像の構築にはメンターを資質とすれば短期的で成長する
マネジメントの定義・方法を学べば、人材を発展・成長させることができる
【ビジネス(仕事)スキルアップ】初心者からでもわかるマネジメント
人間の本能を活かしたマネジメント・恋愛心理テクニック8選
仕事ができない新入社員のが、期待のホープと呼ばれる改善方法
【ビジネス(仕事)スキルアップ】相手を誘導させる2つのコツ
【ビジネス(仕事)スキルアップ】情報を引き出す傾聴スキルとは
【ビジネス(仕事)スキルアップ】上司からの評価を上げる方法とは
人材の発展・成長(能力を引き出す)リーダーが行う1つの行動とは
【ビジネス(仕事)スキルアップ】部下育成・指導のポイントとは
【ビジネス(仕事)スキルアップ】効率的な出世は1つの行動にあった
セルフマネジメントが実施できる人は、仕事偏差値が高いのはなぜか?
【スキルアップ】PDCAサイクル活用で業務改善・円滑な業務遂行
仕事がはかどらない人が劇的に変わる7つの習慣
マネジメントスキル問題解決&改善方法【オープンクエスチョン編】
【ビジネス(仕事)スキルアップ】心理スキルのミラーリングとは?

無料PDF教材 ビジネス関連 ブログ コーチ申込