【営業・経営に自信を持つ】数字管理と分析で成功者の道へ

今回の自信を持つビジネスコーチングは
【営業に自信を持つ方法】数字の管理法!をレクチャーしていきます。

『営業は数字との勝負だ!』

よく言われる言葉ですね。

 

でも実際に数字を真剣に管理している人は、一部の成功者だけであるのも事実です。

 

数字を具体的に管理することはは、成功者への近道と言えます。
営業だけではなく、あらゆる仕事・業種で使用できる数字管理です。

 

 

 

ピコ太郎:
数字。数字!数字!って
上司がうるせぇーだよな。

 

俺っち10までしか数えきれねぇーよ!


 

コーチング福岡:

 

10までしか数えきれなくても大丈夫ですよ。

 

今回は数字が苦手な方でも、簡単にわかる方法をご紹介します。

 

ちなみに私も数字は苦手ですが、あまり気にされなくて大丈夫です!


大前提でお伝えしたいのが

『数字は裏切らない』

数字は確率である為、あなたの数字を出せば『あなたの確率』が叩き出されます。

 

ではどのような管理法なのでしょうか?
成功者が行っている『数字の管理法』を観ていきましょう。

 

あなたの数字に関する認識力が変わるはずです。

【営業に自信を持つ方法】具体的な数字は裏切らない

自信を持つビジネスコーチングは
【営業に自信を持つ方法】具体的な数字は裏切らない!をレクチャーしていきます。

具体的な数字とは

物事を行う際に、結果の数字に対して『結果の数字までの稼働的数字』のことを言います。

 

稼働的数字

営業で週1件の契約成立の場合

1.1件あたりの契約成立できた時間数平均

 

2.1件あたりの契約成立までに必要とした見込み客の平均

 

3.契約成立できた曜日や時間

 

 

数字を管理していく中で、アバウトな『週1件の契約を成立させる』という目標はいりません。
極端な話、稼働的な数字を管理できれば、結果がついてきます

 

 

ピコ太郎:
稼働的な数字!?

 

俺っちの働きを数字に表すのか?
どんな数字になるの??


 

1.1件あたりの契約成立できた時間数平均

あなたが何時間働いて、1件の契約を取れたか調べます。
水曜日〜日曜日の勤務で、日曜日に契約できたのであれば、4日間は時間がかかるということになります。

 

4日×8時間勤務=36時間
36時間=1件契約

 

2.1件あたりの契約成立までに必要とした見込み客の平均

1件の契約成立までに必要とした見込み客の数字を出します。

 

10名の客とお話し(営業トーク)できました。

↓ ↓

そのうち3名の客が後日
『しっかり話を聴きたい・主人にも話してほしい・家族と相談してみる』などの見込み客となりました。

↓ ↓

1件の契約が成立
見込み客の3名のうち1名が商品を購入しました。

 

このように週1件の契約成立には

10件の営業トーク > 3件の見込み客 > 1件の契約成立

 

この具体的な数字が叩き出されます。

↓ ↓

 

 

『1.時間数平均』を取り込みさらに具体的な数字へとしていきます。

 

週1件の契約成立には

36時間必要で、10件の営業ができ、3件見込み客ができれば良い。

 

この方程式が出来ます!

 

3.契約成立できた曜日や時間

『日曜日の11時に1件の契約成立』

 

このように契約が実際に取れた曜日や時間を記入していきます。
10件ほど統計が取れれば、あなたが得意な曜日と時間が叩き出されます(ゴールデンタイム)

 

『あたなにとってのゴールデンタイム』前に
見込み客を3件獲得しないといけない確率になります。

 

 

コーチング福岡:

 

実際に、あなたの数字を作ってみてください!

 

『アバウトだった数字』が
具体的な数字に変わります。

 

その一歩が成功者への近道です!


具体的な数字で経営も自信を持つことができる

自信を持つビジネスコーチングは
【経営に自信を持つ方法】具体的な数値をレクチャーしていきます。

『具体的な数字』は経営学としても利用されます。

 

どのような業界でも良いのですが、今回は馴染み深い飲食で応用していきましょう。

 

カフェ経営を成功させる為に『具体的な数字』を取り入れていきます。

 

どのような具体的な数字か?

経営で一番大切なものは『収入』。
収入がなければ、信念も曲げなければいけなくなります。

 

仮に、月に100万の売上を目指す場合であれば、その部分から掘り下げていきましょう。
簡単に話していきます。

 

応用CASE:カフェ経営

月\1,000,000売上

↓ ↓

30日計算で
1日:\33,000の売上が必要

↓ ↓

1日33人が\1,000以上の注文をして
1日\33,000になります。

客1人あたりの平均売上
\1,000以上

↓ ↓

来客数がピーク時(昼・夕)に
どれだけ客を多く入れれるか?

↓ ↓

月\1,000,000の目標であれば
33席以下で良い

という結論ができます。

 

 

ピーク時(昼・夕)の人件費
時間帯でサポートに来てくれるパートなどの雇用を何人検討するか?

 

客一人あたりの滞在時間
客が1時間以上いる空間にしたい

↓ ↓

売上を達成するには
必然的に店舗がデカくなります。

↓ ↓

そんなにデカい店舗は家賃が払えない

↓ ↓

客の滞在時間を見直し

40分以下で設定するのであれば
40分以下で調理・食べれる
美味しいコーヒー&食事

が必要になる。

 

このように『具体的な数字』をどんどん具体的にしていきます。
結果として稼働的な数字になるのです。
閉店日を設けるとなれば、さらに1日あたりの客単価があがります。

 

さらに

土日祝日にお店の前を、どのような人が多く通るか?ビジネスマンか?ファミリーか?独身者か?

 

男女の比率は?1日で店前を何人が通ったか?

 

など具体的な数字をドンドン掘り下げていきます。

 

具体的な数字を組み合わせていくと、最後にシンプルな結論が浮かび上がってきます。

 

 

具体的な数字は営業だけではなく『経営』の観点からも大切とされているスキルになります。

 

営業で成功できる人間は、経営などの職種を行っても成功するのは、このようなスキルを備えているからです。

 

ピコ太郎:
なんかすげぇーことになってきたな。

 

経営コンサルタントのスキルまで知ってしまったぜ!


【営業に自信を持つ方法】数字の管理法!まとめ

○確率的に統計した数字は裏切らない

 

○1.1件あたりの契約成立できた時間数平均

 

○2.1件あたりの契約成立までに必要とした見込み客の平均

 

○3.契約成立できた曜日や時間

 

この上記全てを統合した数字こそが、具体的な数字になります。

>応用
○具体的な数字は『経営』にもつかえる

 

 

ピコ太郎:
最後まで読んでくれて
ありがとな!
武運を祈るぜ!


 

コーチング福岡:

 

SNSシェア
『いいね』
スマイル¥0

 

お願い致します。
記事作成の励みになります!

 

どうかこの熊太郎に
あなたの愛を!



無料PDF教材 ビジネス関連 ブログ コーチ申込