言うことを聞かない部下を怒らずに成長させようぜ

言うことを聞かない部下を怒らずに成長させる方法をお伝えします。

 

部下を怒っても意味がないことが多いです。その理由をまずは話していきます。

 

怒るという否定を部下はどう認識するか

これは部下だからというわけではないですが、人は自分の行った行為を否定されるとストレスを感じます。
これは子供〜大人まで同じ心理を備えています。

 

言うことを聞かない部下を怒るということは、部下の行為を否定するところから入ります。
否定された部下は、それを「愛のムチ」として認識することはありません。

 

ただ単に、うるさい上司から怒られたしか頭の中にはありません。
怒られた原因すらボケてしまい、「怒る=精神論」ばかりでしっかりした指導をされないと思います。

 

部下の育成や指導で、部下を怒りたい気持ちを理解できないわけではありません。
ただ失う対価を認識する必要があります。

 

どのように部下を改善し成長させ、「言うことを聞かない部下」を「言うこと聞く部下」へと変えることができるのでしょうか?

 

スポンサーサイト


怒らずに言うことを聞かない部下を変える方法

言うことを聞かない部下を「言うことを聞く部下」へと変えるには下記に方法が必要になります。

 

一日で極めることは難しくても、3か月あれば実施でき、自分の能力として備えることができます。

 

1.部下の考えを一度聞いてから、否定することなく「正しい方法を提案」する

これから部下との信頼関係を構築していく初期の段階では、部下の「考えを聞く・否定しない」取組が必要になります。
その後、正しい方法を提案し実施してもらう。

 

それを繰り返し、3か月ほどすれば部下の成長を感じることができます。

 

※今までは、怒ってしまい精神的にイライラしていた上司も冷静に、部下が「何ができなくて、何ができるのか?」がハッキリと分かります。

 

参考「部下の育成の悩み10選!部下が言うこと聞かないなどの悩み解決スキル

 

2.人を完全にコントロールするのはムリだが、怒って支配するのはもっとムリと知るべき

エスパー能力や奴隷制度など、意味のわからない能力や制度がない限り、ムリです。

 

怒ることで、「言うことを聞く部下を育てる」というのが、どれほど無謀で愚かな取り組みでなのか?というのが分かります。

 

その反対の行動を行うことで、手っ取り早くマネジメント「管理・発展」ができます。
参考「手っ取り早く(短期間)マネジメントやコーチングが取得できる真髄法とは?

 

上記の方法を行えば、かなり手っ取り早く「言うことを聞かない部下を変える」ことができます。

 

あとは、部下に対して「愛情」をもって育成する「覚悟」が必要です。

 

上司も一般職の時代はあったと思います。その時にお世話になった先輩たちは「何を」してもらいましたか?

 

 

怒られて成長させられましたか?それを望んでいましたか?

 

仮に怒っていたとしても、そこには愛情があり「怒られた」と認識したのではなく、「お叱りを受けた」と奥にある愛情を受けていたはずです。

 

 

結局最後は、人との「縁や愛」でビジネスは結ばれ、発展していきます。

 

上記の2つを行えば、怒らずに部下を変えることができます。

 

参考「部下の育成・指導法103選【基礎〜上位者レベル】

 

スポンサーサイト

言うことを聞かない部下を怒ることで失う対価

言うことを聞かない部下を怒ることで、初めに失う対価は「部下とのコミュニケーション」になります。

 

コミュニケーションと一概に言っても、「重要な内容〜普段の話」までなど多岐にわたります。

 

部下とのコミュニケーション低下により、次は何が起きるのでしょうか?

 

業務の支障が発生する

余程メンタルが可笑しくなければ、相手から怒られて、次の日には「いつも通りに会話する」ことはムリです。

本当にムリですね。私でも「怒られて、次に日にはいつも通り会話する」のはムリだと思います。

 

この関係が続くことで、業務に支障が起きます。

 

普通に考えればわかることですが、1人・1人が別々の作業の行い仕事をするよりか、2人で仕事をした方が効率が良いですね。

 

怒る上司は、怒れば怒るほど・・・業務に支障を発生させている爆弾になります。

 

業務に支障が発生すると利益に影響が出る

怒る側が重要なポジションにいたら最悪です。
業務に支障が出ているだけでも、不利益な存在であるにも関わらず、利益に直結しやすいポジションにいる人であれば「怒る」いう感情は消し去るべきです。

 

・「怒るって何?ビジネスで必要なの?」となるべきだと思います。

 

・私も管理者・マネージャーなど経験しました。部下にどんなに恵まれなくても「怒る」ことはありませんでした。それは不利益で非効率的だからです。

 

・現在社会でも、マインドフルネスやセルフコントロールなどの研修が大手企業を中心に行われています。感情がコントロールできずに怒ること事態が、会社にとって不利益な存在と考えられています。

 

では怒ることなく、どのように部下を改善し成長させるのか?
その方法は高度な育成方法が必要になります。

 

 

部下を育成する方法の取り組みを行えば、将来イライラから解放され、より恵まれた環境にステップアップします。

@部下の考えを一度聞いてから、否定することなく「正しい方法を提案」する

 

A人を完全にコントロールするのはムリだが、怒って支配するのはもっとムリと知るべき

 

お問い合わせ専用

ご相談お問い合わせ可能です。メール送信後にお返事致します。

◆運営者情報◆

はじめまして。HCDコーチング 代表Kiiroです。 【個人育成・集団育成・グループ研修・階級別や部署別などピンポイント研修・問題解決診断・個別カウンセリング・コーチング・20代限定メンタービジョン塾】ご対応させて頂きます。

HCDコーチング


無料PDF教材 コーチ申込 記事一覧