言うことを聞かない部下の育成・指導法103選【基礎〜上位者】

言うことを聞かない部下の育成・指導法!103選
3つの分野に分けて説明致します。

言うことを聞かない部下の育成・指導法がわからない上司(管理者・役職者・リーダー・主任)などのためとなる103項目をご用意しました。

 

部下を育成・指導する立場になって、初めて見える景色もあると思います。
部下をどのように育成・指導して、優秀な人材へ成長させることができるのか?

 

「自分自身は教えてもらったことがないから、わからない」。そのような人が多いのが現状です。
基礎から上位者レベルの育成・指導法を記載してます。
チェックしながら育成者自身も深めて頂ければと思います!
半年後の部下の成長が楽しみになります。


言うことを聞かない部下の育成で意識すべきコミュニケーション方法21選

言うことを聞かない部下の育成・指導には欠かせないコミュニケーションを21選紹介します。
コミュニケーションの方法で、部下が良くも悪くも変わります。
真っすぐ育てるには、尊重し合うコミュニケーションを行っていきましょう。

◆データPDFリンク◆
部下の育成で意識すべきコミュニケーション方法21選

チェックツール(無料)
URL↓↓ コピーしてURL検索すればデータがでます。
https://drive.google.com/open?id=1bgwn7Wo6xYspx1zLk0Bhm-82YkwcDXF0

 

1.笑顔で接する

笑顔で話すことで、部下とのコミュニケーションを促進・円滑に行うことができます。
また部下の精神的緩和を図ることができる為、育成者は指導中に笑顔に気をつけて
笑顔のもたらす効果を詳しい説明は【笑顔】人間関係を良好にするコミュニケーション

2.わかりやすく話す

わかりやすく話すことで、部下に伝わりやすくなるだけでなく、見本となることが出来ます。
用件を先にいう工夫や部下の年齢に合わせた話し方・例をあげながら話すと良いでしょう。

3.傾聴する

部下の話を最後まで聴くことで、部下自身も納得のいく指導になります。また立場の関係上、上司が話しだすと部下は黙る傾向があります。
それでは、上司の決めつけ指導になり、育成すればするほど離職率が加速していきます。

4.指示ではなくアドバイスを言う

指示ばかり部下へいう育成方法を実施すると、部下の成長速度を止めてしまいます。
知らぬ間に、指示待ち人間を上司が生産しているのです。

5.悩みを聞く

部下の悩みは、仕事からプライベートまで多岐にわたりあります。上司が年上であれば、悩みの相談の1つや2つくらい聞いてあげましょう。
言うことを聞かない部下は上司に悩みが言えない関係であり危険です。育成者である上司を信頼できていません。

6.尊重する

部の下と書いて、部下といえども、会社を一歩出れば同じ社会人です。
お互いに仕事では上下の関係でも、全てが上下ではありません。言うことを聞かない部下でも尊重しながら育成・指導を行いましょう。気持ちの良い育成・指導になります。

7.批判・反対語をなくして意見を返す

部下から報告や質問・意見などがあった際に、上司に口癖でよくあるのが、「いや〜・そうじゃなくて〜・なんで〜?」など反射的に批判や反対語で言い返そうとします。この状態が続くと、部下は上司へ話しかけてきません。言うことを聞かない部下予備軍になる可能性があります。

8.なぜ指示通りに実施しなかった理由を怒らずに聞く

上司が部下に指示を出して後に確認すると、上司が指示した内容(意図)と違うことを実施しているパターンです。あるあるですね。怒らずに、言うことを聞かない部下でも丁寧に聴いてみましょう。また再現性が難しい指示をしている場合は、指示の伝え方を変えるしかかりません。

9.的確に間違いを正す

部下が間違っていた場合に、間違っている点を指導し、的確にポイントだけを指導しましょう。
絶対にしてはいけないのは「間違い→怒る→部下の人間性まで否定する」。この方法を実施している指導者は、今すぐに育成・指導者を辞めて下さい。才能が0です。そのような育成・指導者は、部下を殺しかねません。

10.たまには奢る(おごる)

部下とお茶・居酒屋など一緒に行く時に、たまに奢りましょう。
ただ奢るのではなく、「部下へ感謝の気持ち」を伝えて奢ると、部下との信頼関係が一機に加速します。
男女関係なく、惹かれます。

11.優しく接する

「怖い・厳しいリーダーは敵が多い」です。
普通に考えて、「敵が多い意味ありますか?」という真髄に気がついて下さい。
自然と「仲間」を増やすコミュニケーション方法に変わります。それが優しく接する意味です。

12.混乱していたら質問して整理させる

部下育成・指導の際に、答えが分かっている上位者である上司とはと違い、答えが分かってない部下は混乱する傾向があります。
上位者である上司は、部下の目線になって一つ一つ階段を上がるように、整理できる質問を行うと、部下の頭が整理できます。言うことを聞かない部下ではなく、混乱している可能性があります。

「答えを導く質問集」は無料PDF『ヒューマンマネジメントを開眼せよ』

の最後に記載してます。

13.オープンクエスチョン・クローズクエスチョンを使い分ける

部下の意見を多く言って欲しい時は、オープンクエスチョンを使います。
反対に「はい・いいえ」で答えてほしい時は、クローズクエスチョンを使います。
詳しくはこちらをご参照下さい
1.最高の結果をもたらすコーチング質問技法

14.長所を褒める

部下の育成・指導で重要なのが、部下自身の能力である長所を褒めること。
部下は、自分の長所を過小評価している傾向があります。事実を直接褒めてあげましょう。自覚させます。

15.上からモノをいわない

どんなに優れた育成者でも、上から目線・上からモノをいう人物であれば部下は育ちません。次第に言うことを聞かない部下に育ってしまいます。
会社を一歩でれば他人です。その事を自覚した「言い方」をしましょう。

16.話しやすく接する

笑顔で接する・優しく接するができるようになると、自然と話しやすいオーラが出ます。
上司から部下へ接していかないと、部下は遠慮しています。

17.ポジティブ思考で話す

悲観的なコミュニケーションを行うと部下のモチベーションが低下します。
モチベーションを上げるためにも、ポジティブな話し方や思考で話しましょう。

18.丁寧に教える

上司が思う理想の部下は、1教えて10できる部下。
部下が思う理想の上司は、1つ1つ教えてくれる上司。

19.できたら褒める

新しい事にチャレンジした部下へ、その日に褒めます。
内容ではなく、チャレンジした事、感じたことなどを褒めます。部下の行動力が上がります。

20.可愛がる

部下育成・指導には「愛」が無ければできません。
条件付きの愛ではなく、無条件の「育成愛」です。

21.部下に丁寧語ではなす

敬語はカチカチなので、せめて丁寧語でコミュニケーションをとりましょう。
お互いに信頼関係を保つ一線になります。


言うことを聞かない部下の育成に必要な指導法28選

言うことを聞かない部下の育成や指導するために意識することをピックアップ!
欠かせない28選をお伝えします。

◆データPDFリンク◆
部下の育成に必要な指導法28選

チェックツール(無料)
URL↓↓ コピーしてURL検索すればデータがでます。
https://drive.google.com/open?id=1mCqF69_gWuDkI0QQ1y3FSTzu-tjcKQAr

 

22.挑戦している時は温かく見守る

部下が挑戦し、集中している時には、温かい気持ちで見守ることが大切です。
部下が自律するきっかけの芽を潰しかねません。言うことを聞かない部下になるのは、いちいち指示を出す上司がいると、部下の成長のきっかけを潰してしまうからです。部下自身もストレスを感じているはずです。

23.御礼・謝罪を曖昧にしない

上司はプライドがあるでしょうが、その場面で御礼・謝罪が簡単でも出来ない上司は、部下から「器が小さい」と思われます。
特に女性部下のほうが、上司に思うことが多いようです。

24.否定せずに承認する

承認(受容)はコーチングするでも、重要な部下育成・指導スキルです。
否定せずに、部下の意見や思いを一度受け止めてから、意見しましょう。

25.誕生日を口頭で祝う

部下の誕生日のお祝いを口頭で伝えましょう。
なれなれしく言うと逆効果なので、「おめでとうございます」とだけ簡単に伝えます。
自分が上司に大切にされていると感じれば、言うことを聞かない部下でも育成・指導しやすくなります。

26.部下を信頼する

部下に任せた仕事であれば、部下を信頼して行います。
あとからグチグチいいません。信頼する力が上司に必要です。

27.ミスをした時は責任を持つから、全力でやれと言う

この言葉を言われた部下は、上司を頼もしく感じます。
上司からしたら「部下のミスは自分がカバーする」のは当たり前と思って仕事していますが、部下は普段からそうは思っていません。
素直な部下に育っていきます。

28.インプットをアウトプットさせる

育成・指導した内容を学んだ部下へ、アウトプットをさせていく。
より深い学びになり、忘れづらくなります。

29.横のつながりを作ってあげる

他部署や他社など、上司の人脈を活かし、部下にも横の繋がりを広げてあげましょう。
部下の視野が広がります。

30.見本(メンター)となる姿勢を保つ

部下からすれば上司は、まさに見本です。将来、自分が上司の立場になった時に、どんな上司像を部下が抱くか?それは上司をみて感じるものがあると思います。上司は部下のメンターになる可能性が強いため、その自覚と姿勢が必要です。そうでなければ、上司を下に見下し、言うことを聞かない部下になってしまいます。

31.才能を見つける

部下の才能を見付けることができる育成者は、最高の育成者になれます。
まずは、何気ない部下の良いところを、1つ1つ見付けていきましょう。

32.適材適所

人材を適した所に配置すること。万能な人は世の中にいません。必ず何かに適している所があります。その適した所に人材を配置することで、無理なく能力を使うことができます。部下の育成・指導に関して、部下一人一人に適した配置を行う意識が大切です。

33.フィードバック

部下と定期的な面談を行うことで、部下も育成者もお互いに成長でき、部下の明確な意思や目標設定ができます。詳しくは、部下の育成の最強ツール「フィードバック」 の効果・手順・無料手引書

34.マイクロマネジメントを辞める

言うことを聞かない部下になってしまった最も多い原因は、マイクロマネジメントです。
マイクロマネジメントとは、監視・指示を行うマネジメントになります。同じ動きを繰り返し生産させる。人は監視して指示を飛ばさないと生産性が低下するというような考え。
マイクロマネジメントを辞め、マネジメントに切り替えましょう。マネジメントは、個が発展的に生産性を向上させる方法になります。

35.部下の成長を楽しむ

部下を育成・指導して、来月に成長するわけではありません。育成者はすぐに成長や結果を求めがちです。
成長する速度は人それぞれで、複雑で難易度が高い分野で、あれば成長もそれなりに時間はかかります。

36.できるまで付き合う

部下を育成・指導では、節目は大切です。部下の節目となる目標まで付き合ってあげましょう。

37.部下との信頼関係を築く

部下を育成・指導を行う際に、上司と部下の信頼関係が全くなければ、言うことを聞かないになり育成・指導は全くできません。普段から部下を信頼することがから始めましょう

38.評価項目を伝える

自己評価シートなど自社で行っているシートがあれば、そのシートを客観的に記入させましょう。
通常の自己評価シートであれば、ビジネスで求められている基礎〜応用までを学ぶことができます。

39.複雑な指示は工夫して伝える

部下へ複雑な指示を行う際に育成者や指導者は、複雑な指示の再現性が低いことを頭に入れなければ、「なぜ?いったようにできない?!」とストレスを抱える原因になります。複雑な指示こそ、メモを渡すなどのひと手間の工夫が必要です。そのひと手間で、時間と労力が削減できます。

40.愚痴をいわない

部下の育成や指導を行っていると、部下へ「他者に対する愚痴・会社に対する愚痴」をつぶやいてしまいがち。
部下は、愚痴をいう育成者を嫌いますし、尊敬・信頼関係が薄れる原因になります。それが原因で言うことを聞かない部下になる可能性があります。

41.多種多様なイメージ力が必要

部下の育成には、多種多様なイメージ力が必要になります。部下は自分(育成者)とは違う!と頭で理解していても、「自分の時は〜」とつい比較してしまいます。
凝り固まった考えにならないよう気をつけましょう。

42.一貫性を持って育てる

部下の育成者は、多くの事を部下に教えていきます。教える内容が多くなればなるほど、一過性を意識して育成・指導を行わないと部下は混乱します。

43.部下の先天的資質を開拓する

部下だけではなく、人には先天的資質を備えています。適材適所・才能もそのひとつです。この「先天的資質」という言葉だけでも覚えておきましょう。詳しくは、部下の育成には部下の先天的資質を開拓(プロデュース)せよ

44.選択させて自律させる

言うことを聞かない部下の育成を行う際に、ティーチングばかり教えてしまうと、いつまでも部下が自律しない環境になってしまいます。
部下が自律するには、育成者のテクニックが必要です。子供にも「自分で考えさせ・自分で進路を選ばせる」ように、部下にも同じように行います。人は自分で選択できる環境に立たされて、初めて自律します。詳しくは、部下育成・指導には提案・指示型リーダーが求められる理由

45.説明で理解できなければ、見せて学ばせる

「百閧ヘ一見にしかず」という言葉があるように、説明には限界があります。5分説明しても理解できないことでも、実践を見せたら30秒で終わることも多くあります。

46.目標を具体的に決める

育成者も、目標を具体的に決めて部下の育成を行いましょう。
「最終着地点」が決まってない育成をされる部下の方はたまりません。

47.過去の栄光を話すのはなく、過去の失敗を話して育てる

育成者あるあるですが、部下へ自分の栄光を話し過ぎて、部下自身が引いていく状態。
本当に部下のことを思うのであれば、自分と同じ失敗をしないように失敗談をはなし糧にさせましょう。

48.大勢がいる時に褒め、二人の時に指摘する

部下を育成していると、部下(相手)の立場など気にせずに、場所を構わずに褒めたり・指摘したりしまいがちです。注意しましょう。

49.途中で口をはさまない。最後まで任せる勇気が必要

部下に仕事を任せる場合など、部下の作業などを最後まで任せる勇気が必要です。途中で口うるさい姑のような上司になると、部下のモチベーションが低下します。

50.小さな成功体験を与える

小さい成功体験を部下に与えることで、自信となりモチベーション向上にも繋がります。
また成功を体験することで、能力が化ける人材もいます。


部下を上位者へ育成させるスキル50選

部下を育成し上位者へ成長させるビジネススキル50選をお伝えします。
ここからは、言うことを聞かない部下を成長させて、さらにステージアップさせる部下の育成・指導に役立て下さい。
また育成者側も、「自身の学び」として有効活用下さい!

◆データPDFリンク◆
部下を上位者へ育成させるスキル50選

チェックツール(無料)
URL↓↓ コピーしてURL検索すればデータがでます。
https://drive.google.com/open?id=19RxOl3qDm7xOUysfQh2_jDS9VpNoj2yw

 

51.提案する力を養わせる

他者に提案するには、条件を一致させることで提案が受けやすくなります。
また提案をどのように行えば、スムーズにいくか?少し考えて話す習慣が必要です。
WIN WINの関係であれば、簡単に提案が成功します。詳しくは提案力・営業力をアップ(向上)させる法則 | コーチングセミナー

52.マネジメントの基礎を教える

上位者へ部下を育成させる際に、必須項目であるマネジメントスキル。部下との今までの育成方法に成功している場合は、部下は自然と「人・物・金・情報」を管理・発展させる考えになっています。
これから基礎を学ぶのであれば、こちらを参照下さいマネジメントの定義・方法を学べば、人材を発展・成長させることができる

53.どうありたいか?セルフイメージを持たせる

現代の日本社会では、企業が一生社員を守ってくれるわけではなく、「生き方」も多様しています。どんなあり方で生きていくたいか?という個人に焦点を当てた問の答えを見付ければ、ビジネス以外でも上位者として活躍できます。詳しくはありのままの自分へ導くたった1つの自問自答(自己啓発)

54.視覚・聴覚から入る影響力を教える

有名な「メラビアンの法則」をつかい、言語以外の影響力を教えます。部下が上位者へ成長するのは、絶対必要な知識です。

55.人間について教える

心理学が「学門」となる由縁なのでしょが、人間はある程度同じ動きを備えています。集団的動物である特性や質問をされるとすぐに考えてしまう部分など。前頭葉(おでこ)の大きいほうが、コミュニケーション能力が高いという統計もでています。上司が知っている・学んだ「人」について教えてあげましょう。

56.非言語能力を教える

メラビアンの法則も非言語に該当しますが、ここではいう非言語とは、声の高・低・太・細・大・小・質・などをどのように使い分けるか?
上位者へ部下を育成させる際に学ばせたいところです。

57.OA機器(パソコン・プレゼンテーション機器 等 )を教える

ビジネスマン・ウーマンとしては必須の能力と言えるものです。パソコンができない人は、上位者へ成長する際に、大きな障害になります。パソコンから違う文明が発展すれば、それが必須になります。つまり、ビジネスでは何かの機器を覚えないと上位者へなれません。
※マスターまでしなくて大丈夫です。

58.経営方法・手段について教える

上位者へ部下を育成させるには、経営の芽を伸ばしてあげる必要があります。100円の商品をモデルにお金の流れを教えると、説明しやすいです。

59.企業の目的・目標を教える

全国で中小企業も含め、星の数だけ企業は存在しています。部下が働いている企業のコンセプト(目的・目標)を知らなければ、意図としない方向に進んでしまいます。コンセプトが何なのか?学ばせます。

60.行動学について教える

行動学は、多岐に枝分かれしています。行動心理学・行動分析学・人間行動学など。
しかし結局は、「人の行動には意味がある」という基礎の部分だけでもしっかり頭に叩き込ませて下さい。
意味がない行動をする成人はいません。必ず!行動の奥には「意味」があります。

61.想像力を養わせる

想像力を養う為には、人の動きを具体的にイメージすることが重要になります。
キレやすい人は、イメージ力が乏しい傾向があり、相手の行動が理解できず(想像できず)にキレます。
コミュニケーションの損失が利益の損失になりますので、上位者に成長させるには、必ず必要な能力です。

62.今が正しいという価値観を捨てさせる

どんなビジネススタイルでも、「今」が絶対正しいわけではありません。言われてみれば当たり前ですが、「今」が正しいと思う価値観を捨てさせることで、多様性な考えを獲得できます。

63.マーケティングについて教える

マーケティングは、人の心理や動向を数値化し、「稼ぐ」という部分に特化しています。
コンビニエンスストアの運営は、ジャパンマーケティングの集大成ではないかと個人的には思っています。
30坪〜50坪程度の敷地の戦略や駐車場・店舗の場所など、かなり奥深く調べられています。

64.リスクを考えさせる

ビジネスを行う際に、シュミレーションをどれだけ行えるか?によってリスクを考えることができます。
リスクまで備えることで、完璧になります。また進行する際に足元をすくわれない為にも、リスクまで詰めるように教えます。

65.言葉の効力を教える

コミュニケーションの影響力は、非言語が大きなウエイトを占めています。しかし言葉の効力を安易に考えてはいけません。
有名なアメリカ大統領演説では大衆が「心から賛同し動き出す」までの効力があります。

66.就業規則を教える

就業規則は、いわば法人のルールブック。この就業規則のルールを知ることは上位者に成長する際に必要になります。

67.「愛」の重要性について教える

「ビジネス=戦い」などと、まだ次元が本能的な場合に「愛」の重要性を学ぶことで、ビジネス愛がスパイラル的な好成績へと導いてくれます。「ビジネス=戦い」は戦国時代のような次元です。刀をパソコンに変えただけに過ぎません。

68.信頼関係の重要性を教える

信頼関係の認識を多くの人が「時間=信頼」のように認識していますが違います。
信頼関係は、信頼を「相手へ与える」ことで初めて信頼を得ることになります。

69.全体を見渡せるように教える

全体を見渡しには、どこの焦点を当てるか?ということになります。例えば、@福岡県全体に焦点をあて問題を見付けます。A九州全体に焦点をあて問題を見付けます。B日本全体に焦点をあて問題を見付けます。このように@〜Bと焦点の当てるで、全体の見方が変わります。幅広い目を養うことができます。

70.優先順位について教える

優先順位は、問題処理能力として欠かせないものです。
情報や問題は「生モノ」である認識があれば、傷みやすい情報や問題から取り掛かることになります。
「生モノ」という認識を部下へ育成させることで、上位者に必要な優先順位能力が育成できます。

71.記録を残す(手帳でもOK)

重要な出来事だけでも構いませんが、必ず記録を残すクセをつけましょう。
上位者になれば、大きな利益に関わる場面が発生します。保険的な意味(身を守るため)や第三者へ引き継ぐ際なども想定して記録は残していきましょう。簡単な箇条書きでも構いません。あとで記録をみてわかれば良いでしょう。

72.「言い訳をすると損失」を教える

言い訳は簡単にできますが、その簡単さに比べて、損失があまりにも大きくなります。詳しくはコミュニケーション能力とは何か?「言い訳をする行動心理」

73.嘘は1回では済まなくなる怖さを教える

部下を上位者へ育成する際に、「嘘」の怖さを伝える必要があります。
「言い訳をすると損失」と同じく、嘘は簡単にできます。(簡単に嘘はつけますよね?えっ私だけですか。w)

 

嘘の怖いところは、自分ではコントロールできなくなるところです。
「一度した嘘」の辻褄を合わせる為に「二度目の嘘」をつくハメになります。そして3度目の嘘を・・・。

74.コミュニケーションとは何か?教える

コミュニケーションは奥深いスキルです。詳しくはコミュニケーション能力とは何か?本当のことを全て話そうと思う

75.空間・動線・時間について教える

行動学・マーケティング・マネジメントなどで活用される「空間・動線・時間」。この3つを意識して、物事をみると無駄や新しい発見を見付けることができます。

76.感情のコントロール・セルフコントロールについて教える

感情のコントロール・セルフコントロールについて詳しくは心の自己防衛を理解すればストレスが解消できる方法 | 自己啓発セミナー福岡

77.アサーション(自己主張)スキルについて教える

アサーションスキルは、日本の教育現場では、まだ導入されていません。外国の教育現場ではアサーション(自己主張)はポピュラーなものです。たまにアサーションの意味を履違えたオジサンがいます。「日本人は自分に意見を言わなすぎるだろー!」といってクレーム。
アサーション(自己主張)の基礎は、相手も自分も「思い合い」から始める自己主張なのです。
むしろ自己主張ができる日本人になれば、外国人より上手なアサーションができます。

78.他部署の「役割・違い」を「教える・経験させる」

この方法は、昔からある方法です。上位者育成を受ける部下に、他の部署を経験させて一回りも二回りも大きくさせる方法です。
例:エンジニアのAさんを、3か月〜3年間製造・営業に移動させて、エンジニアとして戻ってくる時は頼もしい上位者へ成長している。

79.報告・連絡・相談の重要性について教える

日本企業でポピュラーなスキルです。しかしとても重要なスキルになります。深く学びたい方はこちら【会社が強くなる】報告・連絡・相談の本当の意味と危機管理活用法

80.リーダーの資質を教える

リーダーの資質については、全部が実現可能なわけではありません。しかし知っている人・知らない人では大きな差があります。まずは部下の育成に必応な資質だけを教えることです。詳しくはリーダーの資質に必要な8つの行動が人生を変える | コーチング

81.アンカーについて教える

私たち人は8つのアンカーに分けることができます。年齢や性別に関係なく、動機となる理由の深層が8つのタイプに分かれています。シャインが提唱した有名な理論です。

82.メンターの選定について教える

部下を上位者へ育成するには、メンターの選定を行うことを教えます。モデリングという言葉ありますが、人はモデルになるメンターがいると、成長の加速度が早くなります。社内という狭い箱で探さずに、世界へと目を向けると見つかります。

83.愚痴で終わらず、行動すれば解決能力になる

愚痴をいう人は、問題を見付ける目を備えています。部下が成長とともに、開眼する場合もあります。
問題を見付けることで多くの人は混乱します。「なぜ?どうして?会社は何もしないのですか?」という質問をしてくるでしょう。
一見愚痴に聞こえる事を、「どのようにしたら改善できるとおもいますか?」と反対に投げかけながら、一つ一つ自分で解決させていきことで、解決能力が上がります。

84.覚える・忘れない努力について教える

多くの事案や問題・お願い事・頼まれ事などを、忘れてしまっては仕事になりません。
必ずメモと取り忘れないようにしましょう。手の甲に書いたりしても良いです。
最近は、ビジネスマンでも使える手首に巻くメモバンドが販売されています。
水に強く・擦ると消えるので何度も使用できる品物です。アナログが一番合忘れない気がします。

85.好循環と悪循環について教える

マネジメントなどで「流れ」について上記でお伝えしました。
この流れには2つの種類があります。それが好循環と悪循環。
この2つの流れがあることを頭に入れて、好循環の場合は流れに身を任せます。
逆に悪循環の時には、流れから一目散に離脱します。流れを知らない人は悪循環な流れでも、そのまま流れてしまいます。場合によっては取り返しがつかなくなります。

86.具体性を深堀させる

想像力を養うためでもありますが、具体性を下へドンドン掘らしていきます。
目標設定の際にも、目標に対してのアクショウ(具体性)をドンドン書かせて、掘らせていきます。
すると重要なキーを発見することができます。
例:営業成績を上げたい→稼ぎたい→一時的にでも大きな収入が欲しい→効率よく収入を得るには営業でアポとりたい→効率よくアポとれる方法→決裁者がいる時間を、集中的に訪問すれば効率的かも→・・・・

87.PDCAサイクルを教える

PDCAサイクルは、世の中にだいぶ染みついています。何もかもPDCAサイクルを基準に書類や計画はサイクルしています。
素晴らしいサイクルですが、意味を知らない人は多いです。詳しくは仕事がはかどらない人は最強サイクル「PDCAサイクル」を活用すべき理由

88.小さいミスを繰り返すと大きなタイムロスになる

仕事がはかどらない人の多くは、小さなミスを一日に何度か繰り返します。
小さいミスなので、本人も重大性を感じることなく、また日々同じ小さなミスを行ってしまします。かなりのタイムロスをしている自覚すらない人もいます。

89.問題解決の対処方法について教える

問題解決には、王道の対処方法があります。それは「早期対処」です。
早期対処を行えば、大なり小なり関係なく、問題はすぐに解決することができます。

90.ビジネス愛について教える

どんなビジネスでも、「人と人との繋がり」があります。
人が何かするから、お金が動きます。
ビジネス愛は、人と人との繋がりで大切にすることで、

91.電話対応の重要性について教える

電話対応の場合、相手の声しか聞こえないため、分かり易い言い方に注意して伝えます。
AかBどちらかの伝える方法をおススメします。
A.@用件A結果B内容の順番
B.@用件A内容B結果C用件詳細

92.リスク回避のために予防線をはる

リスクを考える力がまず必要です。次に回避する能力・予防線する力が必要になります。
リスクを感じても、対策する方法を知らないと意味がありません。
予防線をはることで、結果が同じでも評価が180度違います。

93.失敗後の切り替えの早さが大切と教える

頑張ってもどうしてもダメな時もある。その後の切り替えの早さで、前に進めます。
失敗を停滞して反省すると、精神的に弱ります。多くの時間を無駄にしてしまい、事以上の損失が起きます。
切り替えは大切。

94.男性と女性脳の違いをビジネスで活かす

・男性は数字・機能などのスペックで価値を感じる。
・女性は可愛さや雰囲気・他者の評価などで価値を感じる。
このように価値や購買意欲だけでも男女の脳の違いがあります。

95.柔軟な考えを持たせる

上位者へ部下を育成させる際に、「初めに言ったこと・初めに決めたこと」など初めの行動や取り決めに執着を持ちすぎると、目的を見失うため柔軟な考えを持たせることが大切になります。「Aプランを実施してダメがなら、Bブランに切り替えよう」くらいの柔軟な考えやフットワークの軽さが重要です。

96.シンプルで儲かる構造を考えさせる

マーケティングにも関わる内容ですが、シンプルかつ楽に儲かる方法を考えさせる習慣を養わせることは重要です。
複雑に絡み合う構造は、コントロールが効かず、修正もできません。
シンプルな構造で儲かる構造の柱を1本つくり、もう1本造って儲かりたい場合は、もう1本別に柱を構造します。そのようにシンプルに儲かる柱ができれば、絡み合わせるのではなく、柱を別にして構築することで、真のリスク分担になります。
例えですが、「普段売れない鉛筆でも、鉛筆がほしい人が多くいる場所を見付ければ、少々高くでも売れます」

97.タイミング(時間軸)の重要性を教える

タイミングによって、成功・失敗の結果に大きく影響を与えます。
何事も、基本は「今が一番のタイミング(即決型)」です。
しかし、1クッションねかせることで、活きることもあります。2クッションは特例です。

98.プロである自覚を持たせる

世間がみる自分というのをイメージできると、「自分が専門家」であることに気が付きます。
自分が当たり前のように知っている事でも、世間は知りません。
その差を自覚して、自分がプロである自覚を持たせることで、部下は上位者の自覚を持つことができます。

99.情報を更新させていく重要性を教える

プロである自覚が持てれば、専門性を深めるきっかけになります。
しかし情報社会では、日々進んでいます。専門的な情報は更新させていかなければいけません。

100.コーチングを教える

部下を上位者へ育成させるには、一つの軸を形成させてあげることが重要になります。
今まで上記で話したことは、コーチングスキルでもあります。

101.タイムマネジメント(時間管理)について教える

タイミングもタイムマネジメントに含まれます。ここでは「タイムマネジメント=時間管理」についてです。
時間を意識すれば、効率的に行うこともできます。また時間を管理させれば安定した生産が生まれます。

102.営業力養う

営業力に強い部下は、早期に上位者へ昇格することができます。企業の最大も目的は「利益」です。
どんなに素晴らしい方針でも、毎月赤字であれば倒産します。それは誰もが分かっています。
だからこそ営業力を持っている人は、魅力的で重宝されます。

103.人によって態度を変えるではなく「かかわり方」を変える

態度とは、言葉づかいや姿勢などのことを表します。
私たちは、幼い頃に「人によって態度を変えないの!」と教育されてきました。
かかわり方を教えてもらった人は、少ないと思います。

 

個人一人一人にマッチした「かかわり方(付き合い方)」を考えて対応する能力が上位者では求められます。

 

 

◆データPDFリンク◆
チェックツール(無料)
URL↓↓ コピーしてURL検索すればデータがでます。

言うことを聞かない部下の育成で意識すべきコミュニケーション方法21選
https://drive.google.com/open?id=1bgwn7Wo6xYspx1zLk0Bhm-82YkwcDXF0

 

言うことを聞かない部下の育成に必要な指導法28選
https://drive.google.com/open?id=1mCqF69_gWuDkI0QQ1y3FSTzu-tjcKQAr

 

部下を上位者へ育成させるスキル50選
https://drive.google.com/open?id=19RxOl3qDm7xOUysfQh2_jDS9VpNoj2yw

 


お問い合わせ専用

ご相談お問い合わせ可能です。メール送信後にお返事致します。

◆運営者情報◆

はじめまして。HCDコーチング 代表Kiiroです。 【個人育成・集団育成・グループ研修・階級別や部署別などピンポイント研修・問題解決診断・個別カウンセリング・コーチング・20代限定メンタービジョン塾】ご対応させて頂きます。

HCDコーチング


無料PDF教材 コーチ申込 記事一覧