行動できない心理的原因や理由3選 | 自己啓発セミナー福岡

なりたい自分になるためには行動力が一番大切。
「行動力」が大切と理解しているげど、行動できずに考えてしまい月日が流れていませんか?

 

「なりたい自分」が何となく分かっているけど、1年・また1年・・・と何も変わってない自分に、軽い失望感を感じていませんか?

 

「なりたい自分」になる為には「行動」が必要で、心理を緩和すれば行動する?を話していきます。
行動できない原因を理解すれば、自ずと行動していくでしょう。

 

そのほうが生きていくのが楽しいからです。
楽しいことが嫌いな人はいません。
努力している感覚すらありません
夢中なのです。

 

まず「なりたい自分って何?」という方

なりたい自分って何?というのは「楽しい瞬間」を素直に感じることで、「なりたい自分」が観えてきます。
価値観や自己概念に沿った「自分」を知り、自分の道を決めていく方法です。

 

迷ったり・遠回りにならない方法として活用下さい。
過去のブログで紹介してます。
価値観が楽しい瞬間を知れば自己啓発になる | 自己啓発セミナー福岡

 

では本題に入っていきましょう。

 

スポンサーサイト

なりたい自分へ行動できない心理的原因や理由3選の解説

なりたい自分が少し分かっていて、何年も何も変わらない方に、よくあるのが「行動」があまりないことです。

行動できない心理的原因や理由として

 

1.結果を気にして行動できない。
2.変化が怖くて行動できない。
3.ボーっとしている時間が多い

 

1.結果を気にして行動できない

悪い結果にならないか気になり、挑戦できない

・結果ばかりを気にして挑戦できない。
・「どうせ私なんか○○を始めてもうまくいかない」と思い込んでる。

 

会社員であれば「結果をだして初めて成功」と言われます。
しかし!挑戦しなければ、何も変わりません。
プライベートで行う挑戦であれば尚更、結果を気にすることはありません。

 

綺麗な結果だけを求め過ぎるあまりに、「挑戦する」という行為のハードルが上がっていませんか?
がむしゃらでも・どんくさくても良いのです。
初めて行うことに、スムーズ・完璧・成功を求めるほうがナンセンスだと思います。

 

周囲の評価ばかり気になる

・○○を始めても、失敗してしまうと「ダサい」
・周りから「えっ。○○してるの?」とバレるのが気になる。

 

一度っきりの人生で、二度と同じ時間は訪れません

 

これから自分の人生を
・楽しいモノにするか?
・周りの人ばかりを気にして生きていくか?

 

この選択を誤ると、自分の人生の失敗ですら「他人のせい」にしてしまいます。

 

他人は他人。自分は自分。
自分の人生の責任は、自分しか取れないのです。

 

挑戦して失敗しても、必ず「経験」は培われます。
「経験」は人生の無駄には決してなりません

 

美しい経験を人に評価してもらう為には、純粋な挑戦(行動力)が必要になります。

 

ぶっちゃけ・・・
他人は、今のあなたの出来事を「3か月後に覚えているか?」というと、ほとんど覚えていません
説明してやっと思い出す程度です。

 

あなたは今、他人の「3か月前の出来事」を覚えていますか?
Aさんが○○に挑戦していた!なんて言われなければ、頭の片隅にもありませんよね?

 

周囲の人の評価なんて、その程度なものです。

 

何も周りのことなど、気にすることはありません。どうせ覚えていませんから
他人なんてその程度なものです。逆に真の親友であれば応援してくれます

 

純粋に挑戦(行動)してください。
時間は有限です。
あなたの人生はあなたしか変えれません

 

2.変化が怖くて行動できない。

なりたい自分はわかっているけど、変化が怖くて行動できない人もいます。
性格タイプにもよるのですが、安定・保障のアンカーをもっている人も該当します。

 

また日本人は変化を恐れる傾向もあります。
この変化を恐れる心理を「3秒の悪魔」と勝手に命名して呼んでいます。

 

「3秒の悪魔」の存在を知ると「私だけじゃないんだ」と、少し安心して行動しても良いと思います。

 

行動することを誤解してないか?

そして「変化が怖い思考」の人は、大切な部分に誤解があります。

 

なりたい自分というのは、いってみれば「魂が喜ぶ生き方」なので、自然と笑顔がでてきます

 

「怖い」と感じるのであれば、何か「なりたい自分」に無理をしているのかもしれません

 

もっと自分の「素」を優しく受け入れてあげると、ナチュラルな自分が見えてきます
なりたい自分へ行動することは、怖いものではありません。
ドキドキ・ワクワクして夢中になれる時間です。
「行動していると自然と笑顔が出てしまう」そんな瞬間や時間になるはずです。

 

怖がらずに、楽しみながら行動してみましょう。

 

スポンサーサイト

 

3.ボーっとしている時間が多い

「ボーっとしている時間」が多い人は、行動力が目標と合致しないので、素晴らしい自分を発見しても、目標の自分に到着するまでに「おじいちゃん」になってしまいます

 

時間は有限です。最近はスマホ依存の傾向がみられます。従来はテレビ依存。

 

どの時代になっても、依存とさせる商品は出てきます
依存しない程度にうまく活用することが、心の健康にも繋がります。

 

依存するなら、とことん依存して専門家へ

依存を「人生の価値に繋げる」のであれば、もっとその商品を勉強すれば「専門家」になれます。

 

○ゲーム依存(例)
ドラクエを3回全クリしても、人生に変化は起きません。
しかし変化を起こす人は、ドラクエを3回全クリして、細かい部分まで研究して「専門家」になっています。

 

○スマホ依存(例)
同じようにスマホ依存で、ボーっと過ごしているのであれば、とことんスマホを研究して「専門家」になれば良いと思います。
アプリ博士でもなれば、それは立派な挑戦(行動)になります。

 

「目標である素晴らしい自分=ボーっとしている時間」が一致しなければ、意味はありません
時間は有限です。おじいちゃんになってから「目標の自分」にたどり着いても遅すぎます。

 

スポンサーサイト

行動できない心理的原因や理由3選まとめ

「なりたい自分=行動力が大切」の意味がわかりましたでしょうか?
「行動」がなければ、一生という時間があっても「なりたい自分」には永遠となれないのです。

 

・結果ばかりを気にしても
・周囲の目ばかりきにしても
・何も行動せずに1日が終わってしまっても

 

なりたい自分にはなれません。
もっと自由に、なりたい自分へと近づいている感覚を楽しむことが大切だと思います。
「行動している時間を楽しむ」ことが最大のコツになります。

 

 

私は近々、嫁とヨガインストラクターの勉強を始めようと思います。

 

周囲からは、コーチングやカウンセリング・コンサルタントしているのにヨガ?何が目的なの?と言われるかもしれません。
気にしませんw

 

私の人生は私だけのものです。
嫁と楽しく生きていければOKです。
ヨガをしている自分が楽しいので、もっと勉強したいだけすね(´ー`)
それが将来、職業となれば儲けモノですねw

 

 

今の私の話を聞いて「こんなに適当なの?この人?w」と思った方もいるかもしれません。

 

それでイイんですよ!
背伸びすることもなく、周りを気にすることなく、「自分が楽しい時間=挑戦(行動)」
ただそれだけです。

 

そして学んだスキルや経験を使って、沢山の困っている方を救う。その順繰りです(´ー`)

 

それでは、良き行動を!

 

 

ピコ太郎:
最後まで読んでくれて、ありがとうございます!


 

スポンサーサイト

お問い合わせ専用

ご相談お問い合わせ可能です。メール送信後にお返事致します。

◆運営者情報◆

はじめまして。Kiiro人材育成コンサルタント 代表Kiiroです。 【個人育成・集団育成・グループ研修・階級別や部署別などピンポイント研修・問題解決診断・個別カウンセリング・コーチング・20代限定メンタービジョン塾】ご対応させて頂きます。

Kiiro人材育成コンサルタント


無料PDF教材 コーチ申込 記事一覧