仕事に求める条件8タイプ【心理チェック】 | 自己啓発セミナー福岡

仕事に求める条件は8タイプに分かれる!あなたはどのタイプ?

 

組織キャリア理論(シャイン Schein,E.H.)によって、個人が仕事に求める軸(心理)を8タイプに区分されることが証明され、仕事に求める条件のコア部分を明文化されました。

<キャリア・アンカー>

自らのキャリアを選択する際に、最も大切な(どうしても犠牲にしたくない)価値観や欲求。また周囲が変化しても自己の内面で不動なもの。

 

「自分がそうだから、皆もそうだろう」と思っているかもしれませんが、実は8タイプに分かれます。

 

不況になると公務員の人気が上がり・景気が良くなるとベンチャー企業への人気が上がります。
このように環境によって、選択を翻弄(ほんろう)されてしまうと、自分の仕事に対して求めている条件が理解出来ずに、ミスマッチが起きてしまいます。
仕事に求める条件・やりがいがない・やりがいを感じないと思う瞬間は、人それぞれあります。

 

同じ出来事でも・・・
Aさんは「どうも感じなかった」
Bさんは「これが会社のやり方なのか。」
Cさん「喜んで引き受けます!」

 

このように感じ方に違いが出ます。
なぜ?このように同じ出来事でも違いがあるのでしょうか?

 

この理論で、あなたが「どのタイプに属しているのか?」を見分けることが、自己啓発に役立ててもらえばと思います。
仕事に求める条件のコア部分では、人それぞれ違うのです。

 

スポンサーサイト

キャリア・アンカー(8タイプ)からわかる求める条件のタイプ

今回は分かり易いように番号を打っていますが、1番が良いというわけではありません。
この価値や欲求は個人が大切にしているモノなので、正解は存在しません。

 

自分の仕事に求める条件を理解=自己啓発(自己理解・マッチング)」

 

キャリア・アンカー(8タイプ)

1.専門・職能別コンピタンス
特定の分野で能力を発揮し、自分の専門性や技術が高まることに幸せを感じる

 

2.全般管理コンピタンス
集団を統率し、権限を行使して、組織の中で責任ある役割を担うことに幸せを感じる

 

3.保障・安定
一つの組織に忠誠を尽くし、社会的・経済的な安定を得ることを望む

 

4.起業家的創造性
リスクを恐れず、クリエイティブに新しいものを創り出すことを望む

 

5.自律と独立
組織のルールや規則に縛られず、自分のやり方で仕事を進めていくことを望む

 

6.社会への貢献
社会的に意義のあることを成し遂げる機会を、転職してでも求めようとする

 

7.ワーク・ライフ・バランス
個人的な欲求や家族の願望、自分の仕事などのバランスや調整に力をいれる

 

8.純粋なチャレンジ
解決困難に見える問題の解決や手ごわいライバルとの競争にやりがいを感じる

 

スポンサーサイト

仕事に求める条件はタイプで全然違う実例

あなたが最も大切な(どうしても犠牲にしたくない)価値観や欲求が分かりましたか?
キャリア・アンカーの8タイプは、みんな自分と同じ考えと思わないで下さい。必ず違います。

 

出世を目指さない価値観でも良い

私は「2.全般管理コンピタンス」を大切にしています。
仕事をする時に、会社員時代から「仕事=出世を目指すもの」と思い込んでいました。

 

反対に「仕事で出世を目指さない男性」に出会った時に、衝撃を初めは受けました。

 

ビックチャンスとリスクをどう感じるか

「3.保障・安定」のアンカーをもっている人に、「ビックチャンス=リスク」のある仕事を依頼したらどうなるでしょうか?
「保障・安定」のアンカーを持っている人は、この「ビックチャンス=リスク」を断ります
※年齢は関係ありません。

 

反対に「8.純粋なチャレンジ」のアンカーを持っている人は、喜んで挑戦されることでしょう。

 

私であれば「2.全般管理コンピタンス」なので、そのビックチャンスを成功させた後の役割(役職)に興味があります。

 

頼まれてもないのに新しいことを発明する人

「4.起業家的創造性」のアンカーをもっている人は、頼まれていないのに新しい取り組みを勝手に始めます
「自分で何かを起こすことが、働くことの楽しみ」と言う人もいます。

 

若くして起業する人やベンチャー企業の社長など、「.起業家的創造性」のアンカーを持っている可能性が高いです。

 

 

仕事に求める条件8タイプまとめ

仕事に求める条件は、「自分がそうだから、皆もそうだろう」とまだ思いますか?

 

仕事に求める条件は8タイプに区分され、人は知らぬ間に「仕事とは何か?」という答えを自分自身で決めています。

 

経済の影響によって、選択を翻弄(ほんろう)されてしまうと、自分の仕事に対して求めている条件が理解出来ずに、ミスマッチが起きてしまいます。
仕事に求める条件・やりがいがない・やりがいを感じないと思う瞬間は、人それぞれあります。

 

あなたはどのタイプですか?
8タイプが選べない人は、消去法をおススメします。

 

 

ピコ太郎:
最後まで読んでくれて
ありがとな!


 

スポンサーサイト

お問い合わせ

ご相談お問い合わせ可能です。メール送信後にお返事致します。

◆運営者情報◆

はじめまして。Kiiro人材育成コンサルタント 代表kiiroです。 【個人育成・集団育成・グループ研修・階級別や部署別などピンポイント研修・問題解決診断・個別カウンセリング・コーチング・20代限定メンタービジョン塾】ご対応させて頂きます。

Kiiro人材育成コンサルタント

費用詳細


無料PDF教材 ビジネス関連 ブログ コーチ申込