【就活面接対策-4】企業研究をして面接官の質問突破 | 面接対策セミナー

企業の特徴をどれだけ理解しているか
応募者が面接官に聞かれる質問の中で、一番ドキドキするのが企業の特徴に関する質問だと思います。

 

応募者が面接を受ける企業の特徴を十分に理解していれば、高ポイントが取れる質問になります。

 

しかし応募者が、面接を受ける企業の特徴を全く調べてない状態で、面接を受ければ、この質問に対して失態をおかす可能性が高くなります。

 

 

スポンサーサイト

 

面接官からの質問例

○○さんはなぜ本社を応募されたのですか?
○○さんは、御社のどのような分野に惹かれたのですか?
○○さんは、入社後どのような仕事がしていきたいと思っていますか?

 

何も調べてないと、このような簡単な質問でさえ何も答えれなくなります。
答えれたとしても、具体性がなく、ふわふわした回答しかできません。
分からないから答えようがない。というのが正直なところです。

 

面接を受ける企業の特徴を一つでも知っていれば、そこから自身のことも重ねながら、質問に対して答えることができます。
特徴を一つも知らなければ、ボキャブラリーが完全に閉ざされてしまうため、苦肉な答えしか出てきません。

 

 

私は面接官をしていた際に、こういった質問を行うと、「沈黙が起きる人・すぐ答えられる人・質問した内容と全然違うことを答える人」大まかに言うとこの3パターンの人に別れていたような気がします。

 

応募者が面接を受ける企業特徴を調べることは、現在インターネットが普及している世の中なので、昔ほど難しくなく簡単なことではあります。

 

インターネットが普及していても、昔も今も「調べない人は調べない・調べる人は調べる・なんとなく面接に来る人はなんとなく面接に来る」というのは変わっていないような気がします。

 

スポンサーサイト

企業の特徴の調べ方を知り、面接官の質問に答えれる方法

企業の特徴の調べ方を知り、面接官の質問に答えれる方法
どのように企業の特徴を調べていけばいいのでしょうか

 

<ホームページ>
一番わかりやすい調べ方は、企業ホームページを見ることです。
企業ホームページを隅から隅まで、読んでいけば大体どんな会社か分かります。
またトップページや、サイトの顔にもなる上部ヘッダー部分には、大切な企業理念が書いてある企業も多いです。
また転職支援サイトの情報・求人情報などもメモしていきましょう。

 

<商品・サービス>
大手企業であれば、商品・サービス内容を調べると、特徴が理解できます
○商品
・携帯を販売している会社であれば、携帯を販売している目的が「企業理念」になっています。

 

※正確には後付でしょうが、携帯を販売していることで「世界のネットワークを広げよう」などという「企業理念」が掲げられている可能性があります。
面接時は、その理念に同調すると、面接官から高ポイントがもらえる可能性があります。

 

○サービス
店舗があるのであれば、店舗見学を行うことで、特徴が理解できると思います。
実際に見て・感じたことを、面接の際にいうのはとても説得力があります
あなただけの価値観がそのまま投影されるので、面接官としても新しい発見が応募者から言われることはとても新鮮で好印象です。

>応募者の応答例
『面接前に店舗見学をさせて頂きました。とても店内が綺麗にされていて、イラストが分かりやすく展示されていることに驚きました。また携帯の基本プランも 複雑ではなく、 わかりやすくされていることに、高齢のお客様も理解されやすいように感じました。』

 

ホームページでは書くことができない「雰囲気・気配り・サービス内容」などを目で見て・肌で感じるというのは、とても貴重な面接時のボキャブラリー UPになります。

 

スポンサーサイト

 

まとめ

企業の特徴を調べる方法を数例、ご紹介させていただきました。
上記以外にも方法はあります。調べることがマイナスになることはありません。

 

企業の特徴を多少でも調べている人は、自信をもって面接に来られています。
逆に企業の特徴が全く理解できていない人は、テストにビクビクしている学生のような方もいます。

 

面接時に答えれるボキャブラリーを増やす為にも、企業の特徴を調べていきましょう。

 

スポンサーサイト

お問い合わせ

ご相談お問い合わせ可能です。メール送信後にお返事致します。

◆運営者情報◆

はじめまして。Kiiro人材育成コンサルタント 代表kiiroです。 【個人育成・集団育成・グループ研修・階級別や部署別などピンポイント研修・問題解決診断・個別カウンセリング・コーチング・20代限定メンタービジョン塾】ご対応させて頂きます。

Kiiro人材育成コンサルタント

費用詳細


無料PDF教材 ビジネス関連 ブログ コーチ申込