人を好きになる思いを止めないで大切にして | 自己啓発セミナー福岡

人を好きになる素晴らしさ。

 

人は人を好きになり、愛することができる生き物です。

 

相手のことを思いやり、愛し、尊敬できます。

 

心が純粋に潤い、満たされ、癒されます。

 

人を好きになることで、自分が変われ、向上することができます。

 

世界が変わる人もいますね。

 

私は人生が変わりましたが、世界が変わった感覚はありませんでした。
世界が変わったと感じた方が羨ましいですね。
そのような感覚は、その人にしかありませんから、貴重な体験です。

 

スポンサーサイト

 

人を好きになるのは、本来「無条件で無意味」なものかもしれません。

 

年収や容姿や親戚関係なんて関係ありません。
好きになってしまえば「条件や意味」なんて「無」になるはずですね。

 

人の脳は複雑で、好きという感情には、様々な出来事が重なる「奇跡的なこと」なのかもしれません。

 

・価値観が投影されることで、類犠牲を感じ、好きになる人もいます。

 

・魂の関係があり、意味もなく惹かれ合う人もいます。

 

・気がついたら、好きになっていて、愛おしさを感じるようになる人もいます。

 

 

どんなきっかけにしろ、人を好きになるという行為は、素晴らしいものです。

 

愛は無形で、見ることも触ることもできません。
しかし感じることができます。

 

 

何歳になっても、人を好きであり、愛することができる人は、心が豊かです。
どんなに豊かな生活をしても、心の好きや愛の豊かさには敵いません。

 

スポンサーサイト

 

女性は身体すら変化してしまうほど、好き・愛は大きな影響をあたえます。

 

誰かを好きになり、浮かれている自分を愛おしく感じて下さい。
何歳になっても、好きという感情に浮かれてしまっても、それは素敵なことです。

 

いい年して・・・なんて思わないで、永遠と誰かを好きであり、愛おしく思うエネルギーは、心の潤いに影響します。

 

誰かを好きになる権利は、皆平等にあり、死ぬまでなくなることはありません。

 

 

今、誰かを好きになることにブレーキをかけている人のであれば、ブレーキを壊すことが正解だと思います。

 

好きになるという行為は、素晴らしいことです。

 

相手に同意を求めなくても、自分の心の中だけでも十分です。

 

告白してみるのも、素晴らしいチャレンジだと思います。
失敗して悲しい気持ちになるかもしれません。
しかし、好きであった時間は貴重なものです。その気持ちにウソや偽りはありません。
素晴らしい体験をしていたのです。

 

 

人を好きになることは、自己啓発の場面でも大切です。
自分の気持ちに素直に気がつくことができなければ、自己啓発はできません。

 

好きという感情の奥にある無形物を、愛おしく感じながら、気づくことも自己啓発には必要です。

 

好きという感情を味わい尽くしてください。

 

 

ピコ太郎:
最後まで読んでくれて
ありがとうございます。

 

いいね!記事作成の励みになります!


 

スポンサーサイト

お問い合わせ

ご相談お問い合わせ可能です。メール送信後にお返事致します。

◆運営者情報◆

はじめまして。Kiiro人材育成コンサルタント 代表kiiroです。 【個人育成・集団育成・グループ研修・階級別や部署別などピンポイント研修・問題解決診断・個別カウンセリング・コーチング・20代限定メンタービジョン塾】ご対応させて頂きます。

Kiiro人材育成コンサルタント

費用詳細


無料PDF教材 ビジネス関連 ブログ コーチ申込