【転職】面接官が採用したくなるポイント | 転職のすすめ

今回の転職ビジネス(仕事)スキルアップビジネスコーチングは
面接官が採用したくなるポイント。面接官である私の経験で感じたことを「採用したくなる面接者」を話していこうと思います。

 

人材不足の現代では、どの業種も人材の奪い合いが起きています。
そんな中、面接のポイントを押させるだけでも、大手に入社できる可能性は多いにあります。
転職や就活には、自信を持つことが何より大切です。その自信はノウハウが大切になります。是非ご参考にしていただければと思います。

 

 

ピコ太郎:
面接って大変だよな。


 

コーチング福岡:
そうですね。
面接というのはすごく大切ですので、ポイントはしっかり押さえときましょう。


ポイント1. 面接は初めが一番大事

多くの方が誤解をされているのですが「面接官は面接してくれて当たり前」と思っています。間違いではないのですが「面接官=採点先生」みたいな感覚で面接に来られる方・社会人としての礼儀がない方は、面接官としては嫌な感じです。(本音で話します)
面接開始前に「面接官への丁寧な挨拶」ができるかで、面接の雰囲気が和やかになります。
自信を持って丁寧な挨拶をしてください。

 

面接官が「なぜ嫌な感じ」になるのか?

面接官の多くは、その部署のリーダーなどの役職者が面接を行います。
私もですが、結構忙しいです。面接の予定が入ると嬉しい反面「予定空けないとっ!」とスケジュールの確認を行います。
スケジュールの確認をし、今後の予定(未来)をその時間にスケジュールが入らないように工夫していきます。

 

面接時間は「早く終わらせたいけど、見極めないといけない」という葛藤があります。
そんな葛藤をしている状態で、面接官は面接を行うのです。

 

「面接者は面接して当たり前だろう」という態度があると、面接官も人間ですのでドライに採点していきます。

面接開始前の丁寧な挨拶

下記2項目は自信を持って丁寧な挨拶をして良いです。発言したことで絶対マイナスになりません。
・本日はお忙しい中お時間を頂き有難うございます。
・面接のお時間を頂き有難うございます。宜しくお願い致します。

 

スポンサーサイト

面接官が採用したくない人材とは【転職ポイント】

まずは面接官が採用したくない人材を学んでいきましょう。
就活・転職の面接など、これから面接を控えている方に面接官を務める私からポイントをお伝え致します。

ポイント1. 面接官は何を期待しているか?

どの企業も面接を行うことで、今後「企業にプラスになる人材を確保したい」というのが本音です。ですが10人面接にきたら1〜2人ぐらいしか「欲しくなる人材」はいないことも理解されています。

 

あなた自身が「採用したくなる人材」へ近づくことで、面接に自信を持って受け100%受かることが出来るでしょう。

 

逆に面接を行うことで「危険な人物・トラブルになる人物」というのも企業に入社させないようにも考えます。

 

ピコ太郎:
面接官が欲しくなる人材を目指せば良いのだな。
俺っちの可愛さで一発内定いただきまーす!


 

コーチング福岡:
まだ話はこれからですよ。
ですが、ピコ太郎君の前向きな性格は長所と言えますね。


 

ポイント2. 欲しくない人材とは?

男性の「危険な人物・トラブルになる人物」は50代〜60代前半に多く、この年代の男性を中途採用する企業は少なくなります。余程スキルに優れているか・実績(キャリア)がなければ、この年代の転職は考え直したほうが良いと言えます。

 

それ以外に要注意したい人物像は【性格の悪さ】が目立つ人です。性格の悪さは【顔・話し方・行動】に出ます。

 

性格が悪い人物が同じ部署内にいると、コミュニケーションが円滑にいかずにヒューマンエラーの原因になります。

 

また性格が悪い人物は、退職時も「かなりモメて辞める・急な欠勤からの退職」など同じ企業で働いていると、関係者へ打撃を受けてしまいます。

 

最悪の場合「労基に行ってやる」なんて輩であった場合、かなりの労力を消費してしまいます。経営にまで響く可能性も最悪あります。

 

また急な退職者は、その穴埋めをカバーしてくれた職員までストレスが溜まり、悪循環が発生します。
女性に多く、面接時はネコを被っていて見分けるのは困難になります。

 

ピコ太郎:
俺っちの心はジャックナイフって言われるぜ!


 

コーチング福岡:
このように一見大人しそうな面接者でも、面談することで危険人物とわかることができます。。
素晴らしい演技を有難うございます。ピコ太郎君。


ポイント3. 面接官があなたの性格を問う

上記のような「危険人物に将来なるかも知れない」
だが確信はなく、そうなるとは顔や履歴書・言葉づかいでは判断しづらい際に、面接官は面接者に性格の質問をします。

 

『あなたは周りの人によくどのように言われますか?』
『あなたの性格の短所はなんですか?』

 

などの質問を面接者へ問うことで、面接者は「危険人物の確信」を図ろうとします。

面接官によっては必ず性格へ問う方も!

面接官によっては、必ず「面談者の性格を問う」方がいます。
人間性を確認したくて行う質問です。

 

ここでチェックポイント!!

間違っても言っていけないワード
『私は周囲にワガママと言われます。ですが〜」
『負けず嫌いで歯止めが利かない時があります。ですが〜』
『協調性が欠けるところがあります。ですが〜』

 

「ですが〜」の部分では、短所を長所として使う一般的な方法です。
『負けず嫌いで歯止めが利かない時があります。ですが、負けず嫌いなので中途半端な仕事はしません』など

 

「短所を素直に言った後に、長所を言いましょう」と言ったスキルですが「後で長所を言うから何でも言って良い」は間違いです×!
間違っても「性格がマイナス評価」・「危険人物と間違われる発言」は「採用したくない人材」と評価されてしまいます!正確に関係する問いには、良いイメージがもてる発言をしましょう。

性格を聞かれる問いの回答

面接官:短所はありますか?
面接者:はい。私の短所は周りの意見を聞いてしまい、決断が遅れてしまうところです。ですが、今後は自身の決断と周りの意見の塩梅を考えて取り組みたいです。

 

※自身の「短所」には、じっくりと時間をかけて考えて面接へ挑みましょう。

 

 

ピコ太郎:
でたー!めっちゃ面倒なやつだー!
思ったことすぐに口に出しちゃうからな。
面接の時は気をつけないと。


「採用したくなる人材」とは?

面接時に自信を持って採用したくなる人材とは、履歴書をしっかり記入されている事も大切ですが、人間性や環境が注目されます。

 

採用したくなる人材とは?

1.欲しくなる履歴書の書き方
2.採用したくなる人材(エネルギー×賢さ×人間性)
この2点は押さえて面接に挑むことで、面接官が採用したくなる人材に見えます!

 

スポンサーサイト

面接官が採用したくなる人材のポイント【転職ポイント】

転職ビジネス(仕事)スキルアップビジネスコーチング

面接官が自信を持って採用したくなる人材のポイントとは。

 

面接の面談部分に注目します!失礼なことがないよう面接を完結しましょう!
面接に内定するには、純粋な部分のみ話すと『エネルギー×賢さ×人間性』になります。

1. エネルギー

これはどのくらいエネルギーを持って会社に貢献してくれるか?を表します。
これは平均的に、30から40代男性が1番エネルギーを発しています。

 

家族もできた!マイホームも購入(予定も含む)した!
その環境に立たされた男性は、身を費やしても働く・稼ぐ理由があります。
また自身のキャリアを伸ばす年齢だったりします。

 

逆に30代女性は子供が体調不良だと欠勤になりますし、仕事と育児の過労で体調を悪くするケースがあります。
両立できているスーパーウーマンもいますね。スゴすぎです。

 

20代であれば、キャリアがないので、若さで補うほど仕事に没頭してくれるか?がエネルギーの期待値になります。
このように、エネルギーはその人の環境が直接的に関係しています。
エネルギーが逆に低くても、それを他部分(賢さ・人間性)で補うことができれば大丈夫です!

2. 賢さ

賢さはピンからキリですが、仕事を行うなかであなたに学習を教えてくれたり、効率性を教えてくれる人はいません。
研修期間が過ぎれば、自身でサービス・業務内容を工夫しなければいけません。
賢さとはIQ部分以外でも、対応の正しさ・自身で提案できる能力・閃き・処理能力が該当します。

 

IQが高い人ほど自身で正しい判断(深く考えることができる)と認識されます。
ですが一概に最終学歴だけみれば理解できるというわけでありません。
IQが低い人でも、利益をもたらす賢い人も多くいます。

 

それを見極めるのが面接です。
こちらも平均点程度でも大丈夫ですが、残りの人間性で点数をあげるしかありません。

3. 人間性

ここ数年注目されている分野になります。
人間性には、協調性・優しさ・性格・コミュニケーション能力がみられます。

 

協調性や優しさがない人間は、組織を腐敗させる恐れがあります。
いつの時代も離職理由一位は【人間関係】になります。
その引き金になるような人物を採用するわけには行かないのです。

 

面接官は、面接者の協調性・優しさ・性格・コミュニケーション能力を判断していきます。
ここで満点を取る行動は

@明るさ!
A笑顔!
B元気さ

この三種の神器で面接へ挑めばコミュニケーション能力・優しさが無くても満点がとれたりします。
猫かぶりですが、面接クリアすることが大切です!

 

ピコ太郎:
この@〜Bは全部自信あるな。


 

コーチング福岡:
そうですね。
ピコ太郎君のように元気でアグレッシブな人材が欲しい企業さんは多くあります。
行き過ぎには気を付けないといけませんが、面接の時だけでも気をつけてアピールしてください!


まとめ

面接の面談部分では、
エネルギー×賢さ×人間性があなたの魅力になります。
面接において今回話した部分は、50点満点と考えて下さい。

 

面談配点 50点満点
履歴書配点 50点満点

 

このように、面談と履歴書がセットになって面接になります!
合格点なあなたの受ける会社で違いますが、どの会社の面接でも自信も持つ方法で内定きるよう取り組みましょう!

 

 

ピコ太郎:
最後まで読んでくれて
ありがとな!
武運を祈るぜ!


 

コーチング福岡:

 

SNSシェア
『いいね』
スマイル¥0

 

お願い致します。
記事作成の励みになります!


スポンサーサイト

 

ご相談分野

プライベートコーチ(自己実現・相談)

◆何をやっても上手くいかない ◆パートナーとの距離が離れていく ◆ダイエット・美容で綺麗になりたい ◆恋人・結婚相手がほしい ◆目標や生きがいをみつけたい ◆趣味をみつけたい ◆天職を見付けたい 上記は一例です。 悩み全般を面談や電話にて問題解決や目標達成を行います。 初めての方はメールにて、まずはご相談からご連絡下さい。 ご依頼をあまり断りは致しません。活動時期などありますのでご相談下さい。

 

ビジネスコーチ(コンサルタント・相談)

◆会社経営を良くしたい ◆売上を伸ばしたい ◆職場の人間関係を良くしたい ◆部下のマネジメント方法がわからない ◆もっと昇格したい ◆コーチングを学びたい ◆目標をみつけたい ◆起業したい ◆組織の問題を解決したい ◆転職したい ◆会社を辞めたいが目標がない ◆講義依頼 上記は一例です。 ビジネスコーチングを面談や電話にて問題解決・目標達成を行います。 まずは下記メールでご連絡・ご相談ください。

お問い合わせ

ご相談お問い合わせ可能です。メール送信後にお返事致します。

◆運営者情報◆

はじめまして。当サイトを運営していますkiiroです。 トップ営業マン・マネージャー・組織マネジメントや運営コンサルタント経験。 多くのノウハウ・経験を培い、初めて「人の深層思考を理解し答えへ導く」スキルを習得しました。

 

コーチングはビジネスだけのスキルではありません。 プライベートでも老若男女問わず、フリー・サラリーマン・OL・主婦・学生(18歳以上)どなたでも活用できる素晴らしいスキルです。私はコーチングスキルを使いながらアドバイスしていきます。

コーチング福岡kiiro

コーチング費詳細


無料PDF教材 ビジネス関連 ブログ コーチ申込